フロントページ   »  浄化ウォーキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
 


 先週はめずらしく、色んな予定が盛りだくさんの日々を過ごしたので――、
 気持ちのいい秋晴れの日曜日に、ひさしぶりに趣味の「河川敷ウォーキング」に行ってきました。荒川沿いを、いつもより短めの10kmほど。


 それにしても、自分はどうしてこうも大きな川沿いを歩くのが好きなのか、僕自身いつも不思議に思う…。

 延々と続く一本道を、何も考えずにひたすらウォーキングすることで、内的エネルギーが浄化されるような「心地よさ」があることは、大きな理由の一つだ。

 そしてもう一つが、河川敷から眺める「景色」である。
 大きな川の近くで生まれ育ったわけでは全然ないのに、なぜか胸の奥深くに染み入るような「なつかしさ」を感じるのですよね…。


 これは以前にも書いたことがあるけれど――
 川の「こちら側」の街も見渡しても、見た目どおりの当たり前の市街地にしか見えない。
 特にぱっとしない、即物的な住宅や、店や、会社のビルとかが立ち並んでいるだけだ。


 ところが、川をはさんだ「向こう側」の街のほうを眺めると――、
 自分自身の記憶を超えた、ものすごく根源的な「なつかしい世界」が広がっているように思えてくる…。
 現実的な表層部分とはどこか違う層が、透けて目に映っているような感じさえする。


 そして、遥か彼方にかすんで見える建物の、小さな窓の一つひとつの中に「人々のいとなみ」があることを思うと――、何とも言えないほどの「いとおしい気持ち」が心の奥底からわき上がってくる。

 もしできれば、そこにいる見知らぬ人たちのところへと飛んで行って、その人がどんな暮らしをしているのか、実際に見届けてみたい――
 さらにその人が、たとえどんな状況で、どんな気持ちで生きていたとしても、それをすべて肯定して祝福してあげたい――
 なんていう、ちょっと現実離れした理不尽な思いに包まれていく…。


 で、先日に読んでいた本の中で、いわゆる意識の目覚め(一瞥)を体験した人が、その感覚をこのような表現で振り返っていた――

 「その後もときどき、ふだん思いがけないタイミングで至福のときを体験している。喜びと、畏敬と、信仰と、愛に圧倒され、涙があふれてくる。
 それはある種の郷愁、『どこかにある故郷を思う気持ち』のような感覚というのが、それを表す一番近い表現ではないかと思う。まるですでに知っている、夢のような美しいその幸せなところに戻りたいと願うような感覚なのだ」――


 これを読んで、「あぁ、それそれ!」という感じがした。
 まさに、「どこかにある故郷」「夢のような美しい幸せなところ」、なんですよね。

 僕自身は、一瞥などの特別な体験はしたことはないけど――、体験者がそのときの感覚を思い起こすのにやや近いような感じで、僕は河川敷へとつい足を運ぶのかな…、なんてふうにも思います。


 同じように、人それぞれに、「どこかにある故郷」「夢のような美しい幸せなところ」の感覚が不思議と呼び起される場って、きっとあるのでしょうね!



結びのヒーリング・ミュージックは、Kip Mazuy「Water Falling」。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
  ☞ コメント:22

 


 暑さ真っ盛りの季節だけど、そんな中でも週1回ほどは、趣味の「河川敷ウォーキング」に行っております。

 昨日は、埼玉の入間川沿いの自転車・歩行者専用道を10kmほど歩いてきた。
 これまでは20~30kmを延々とガシガシ歩いていたので、最近は距離的にちょっと短くなった感じ。

 どうして距離を落としたのかというと、じつは靴に理由がある…。


 僕はニューバランスの「MW880」というウォーキングシューズをずっと愛用している。
 初めて買ったのは5年前で、「この靴は、自分がこれまでの半生で履いてきた何十足というスニーカーとはぜんぜん違う!」と感動してしまうほど足の相性が良くて、「もう他のウォーキングシューズは買うまい」と心に誓ったくらいだ。

 最初に買った「1代目」は、すり減った靴底を何度も補修し、中敷きを替え、あれこれ3年近くも履いた。たぶん累計の歩行距離は何千キロかになるのではないかと思う。
 ここまで徹底的に履いて歩いてもらえれば、「靴冥利に尽きる」に違いない。


 で、次にまた同じものを買ったのだけど、その間にこの靴がモデルチェンジをしていて、サイズが微妙に大きく感じられた。
 なので、その「2代目」を履きつぶす前に、ワンサイズ下の「3代目」を買ったのだけど…、今度はそれが微妙に小さい。

 普段履きにはぴったりなのだが、何キロかウォーキングして足がむくんでくると、きつくなって指先が痛んでしまう。
 なかなかうまくいかないものだ…。


 そんな理由で、最近はウォーキングの距離が落ちるという結果となった。
 距離だけでなく、歩くスピードのほうも、以前のガシガシ歩きからかなりスローダウンしてきている。


 ただ、それでも「怪我の功名」というか――、比較的ゆっくり歩くことで、周りの風景の美しさに魅せられる瞬間がとても増えた。

 もちろん観光地のような絶景なんて河川敷にはないのだけど…、青空にぽっかりと浮かぶ雲や、青々と茂る草木が風になびいて踊ったり、無数の葉が日の光を跳ね返してチラチラ輝いているのが目に入ると、ハッと立ち止まり、我を忘れてしばらくじーっと見入ってしまう。


 これまでも、歩きながらぽーっと眺めることはよくあったけど、今は足を止めずにいられない。
 何かとてつもなく優先度の高い瞬間に立ち会っているみたいな感じで、そこに釘付けになってしまう。

 言うまでもないけど、歩くとの止まるのとでは、ぜんぜん違う。
 大空をゆっくり移動する雲の流れや、生命感ある雲の湧き立ち、そして草木の舞いや輝きも、こちらが完全に止まって見ることによって初めて分かるものだ。
 歩いた状態のままでは、その本当の現れに気づくことができない。

 とは言え、あまりしょっちゅう立ち止まっていたらウォーキングにならないのだけど…、僕のウォーキングの目的は運動そのものよりも、「浄化」のためにしているつもりだから、その浄化の質が変わってきたのかもしれないです。


 世界的に知られるベトナム出身の禅僧ティク・ナット・ハンは、「歩く瞑想」というのを、彼のもとに集まる人々に伝えている。
 それは、穏やかにゆっくり、呼吸を意識しながら歩くものだ。

 ティク・ナット・ハンはこう語っている――
 「走るのをやめて歩くことは、革命である」


 歩くことが「革命」であるならば、止まることはもはや「天変地異」とも言えるのかな――、なんてふうにも思います。

 僕の年代なら多くの場合、会社の管理職になって、仕事に関係ないものごとはほとんど眼中にない状況でも当たり前だろう…。
 でもこうして平日昼間に、誰もいない河川敷に立って、雲や草木や遥か遠い景色に目を奪われているわけだから――、ある意味、まるで天変地異によって覆った生き方ですよね。



 結びのヒーリング・ミュージックは、Bernward Koch「Travel Lightly」。

web拍手 by FC2
  ☞ コメント:24

 


 明けましておめでとうございます!
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


 いきなり正月っぽくない話なのですが…、先の年末を、またちょっともの好きな過ごし方をしました。

 以前に、真夜中の荒川河川敷をウォーキングした話をブログで書いたけど――、それ以降、「人がいなくなった時の都心部でも同じことをしてみたいな」と思っていた。
 で、その思いを果たすべく、12月30日の終電から翌朝の始発電車にかけて、未明の東京を歩いてきた(本当は大晦日から元日にかけてと思っていたけど、天候が悪そうだったので1日繰り上げ)

 別にどんなコース取りでも良かったものの、せっかくだから神社めぐりをしてみようと考えて――、
 明治神宮(原宿)→ 日枝神社(赤坂)→ 靖国神社(九段下)→ 神田明神(御茶ノ水)というコース。


 もちろん正月以外は夜の神社は閉まっているから、入り口や鳥居の前で一礼するだけ。
 また、このルートだと距離が短すぎるので、途中に東京駅方面へ皇居をぐるっと遠回りした。結局はそれでもまだ短すぎて、ゴールの御茶ノ水駅に始発の1時間前に着いてしまったため、追加で東京大神宮(飯田橋)にも足を延ばした。


 ふだんの都心部は、どんな夜遅くでも人がいるものだけど、年末年始となると本当に文字通り、人っ子ひとりいなくなるんですよね…。
 最初のうちはまだ時間も早くて(と言っても終電の時間)、多少の人通りが残っていた。そこから歩いていくにつれて、どんどん夜も深まり、中心部の霞ヶ関、丸の内、大手町にかけては、まったく誰一人として人に出会うことがなかった。

 真っ黒の国会議事堂が、廃墟のようなシルエットで浮かび上がっている。
 官庁や大企業のオフィスビルには、どの窓にもほぼまったく明かりがともっていない。林立するビル群全体が、生命感の消え失せた、巨大な炭のようなかたまりと化している。

 通りの街灯が場違いなほど明るく照り、信号は不自然に規則正しい青黄赤の点灯を繰り返している。その中を、時おり空車のタクシーが走行音を響かせてどこかへ通り去っていく。

 普段ここには、見渡す限りあふるほどの人々が集積して、色んな思惑や情報やマネーが飛び交い、国やビジネスを動かしているなんて――、まるで嘘のような幻にしか思えない…。
 今ここにいる僕自身と、周りにあるただの闇の広がり。ただそれだけが、本当にリアルなものとして存在しているのだというふうに感じられる。


 静かにウォーキングしていると、歩くことは「浄化」だなとよく思う。

 かく言う僕自身も、数年前のサラリーマンだったときは、まさしくこの都心部をあわただしく行き来する一人だった。
 色んな懸案事項や、アイデアや、使命感や、精神的負担や、打開策や、閉塞感など、複雑に入り組んだありとあらゆる想念を抱えながら、20年以上にわたってこのへんの通りやビルを駆け回ってきた。

 目に触れる街角のあちこちに、自分の過去の想念の痕跡が感じ取れる…。
 いま、人の気配のない都心部を、こうして一人でただ通り抜けながら、未消化のまま積もっている過去を清算しているように思える…。


 都会の真ん中にある「神社」というのは、そこだけがまるで異なった空間である。
 真っ暗な深夜も、異界のような雰囲気がありありと漂う。

 そびえる鳥居の向こうに続く、深々とした闇…。
 そこが、果てしない不可知な次元の、何か「最前線」のように感じる。
 その空間的な境目に立ちながら、新しい年への時代の境目を迎えている――

 2015年は、どんな変化が起こってくるのでしょうね!



 結びのヒーリング・ミュージックは、Santiago「Path to Inner Peace」。

web拍手 by FC2
  ☞ コメント:44

 


 ブログでよく書いているけど、僕は大きな川沿いの長距離ウォーキングが、趣味的にとても好きです。

 ふだんは東京の荒川や江戸川、多摩川などを歩いているけど――、関西の実家に帰省しているせっかくの折なので、きのう初めて淀川の河川敷をウォーキングしてきました。
 コースは大阪中心部の「十三駅」から、京都との境にある「大山崎駅」までで、歩行距離はちょうど30km。


 ウォーキングする立場にとって、「東京の川」と「大阪の川」の一番の違いはどんな点かと言うと…

 東京の大きな川は、いくつもの鉄道路線が川を渡る形で交差していて、川の付近にはだいたい数キロ間隔で駅がある。
 そのため、基本的にどのあたりからでもスタート可能で、そしてどのあたりでも挫折可能である。

 一方で大阪の淀川の場合、中心部から離れていくと、川と交差する鉄道路線がない。
 なので、コース取りの自由度があまりなくて、途中でやめて電車に乗って帰れる「挫折に適した場所」も限られてしまう。


 僕自身も今回、「30kmも歩くほどのやる気はないな…」と思ったのものの、ほかに適当なコースが見当たらなかったため、やむなく不退転の決意をもってウォーキングに臨むことになった(と言うのは大げさだけど)。


 でも、天気は素晴らしく良かったし、秋の雲は空高く、淀川の河川敷はひたすらにだだっ広く、川沿いの歩行者道は彼方まで延々と伸びていて――、本当に心地のいい理想的なウォーキングでした!


 いつも川沿いを歩きながら、自分自身でも不思議な感覚だなと思えるのだけれど…、川の「こちら側」の街は、特にぱっとしない、即物的なごく普通の市街地にしか見えない。
 ところが川をはさんだ「向こう側」の街のほうは――、現実的な表面世界とはどことなく違う層が、目に映っているような感じがしてくる…。

 遠くに並ぶ建物の、小さな窓の一つひとつの中に「人々のいとなみ」があることを思うと――、何とも言えないいとおしい気持ちが心の奥底からわいてくる。
 もし可能なら、そこにいる見知らぬ人がどんな暮らしを送っているのか、実際に近くに飛んで行って見届けてみたいなんていう、とても理不尽な衝動にかられる。

 そしてその人が、たとえどんな状況で、どんな気持ちで生きていたとしても、それをすべて肯定してあげて心から祝福してあげたい――、そんな思いに包まれていく。


 さらには…、川の向こうの遠い街並みのもっと遠い先、建物が細かな点々にしか見えない青白くかすんだ遥か向こうに――、幼児向け絵本にある「ゆめのまち」みたいな、ワクワクする歓びに満ちた幻想的な世界が広がっている――
 そんな現実離れした心象風景が、内的にはとてもリアルな感覚をもって、浮かび上がってくる…。


 ずいぶんと大人げないイマジネーションかもしれないけれど――、でも、川は「この現実世界を隔てるきわ」であるという見方は昔から存在している。
 日本には有名な「三途の川」の話がある。古代エジプトでも、ナイル川の東岸は人々が生きる世界として都市を建設し、川向うの西岸は死者の世界であるとして「王家の谷」の墓群が作られた。

 大きな川沿いを何時間も歩いていくと、そうした川にまつわる「霊的記憶」のようなものが呼び起こされるのかもしれない…。


 そして、そんな自分自身でも不可解な感覚がよみがえったとき――、その感覚を封じていた、内にわだかまる余計なエネルギーが、明らかに浄化されているのが分かる。

 僕はその浄化のために、まるで何かに引かれていくように、河川敷のウォーキングへと足が向かうのかもしれないです…。



 結びのヒーリング・ミュージックは、2002「Ocean sky」。

web拍手 by FC2
  ☞ コメント:22

 


 ものすごく暑い毎日が続いてますけど…、
 こんな時期にもかかわらず、僕は実は週に1~2回くらいのペースで、多摩川とか荒川の河川敷のウォーキングに行っています。

 川沿いの土手の道には、木陰とかはまずないし、郊外へ行けば自販機や水道もない。単に歩いているだけとは言え、実はけっこう危ないことなのかも知れない。
 服装については一応の熱中症対策はしていて、帽子の中に濡らした布を入れ、首筋をフードで覆い、日差しから守るため白い長そでに長ズボンと……、まるで砂漠をゆく旅人である。
 そんな格好までして、わざわざ酷暑の河川敷をウォーキングしている変わり者なんて、ほかに見かけない。


 でも、そうして外を歩いていると、かなりの炎天下でも、耐えがたい暑さだとは感じない。冷房の効きの悪い部屋の中にいるほうが、よっぽど不快な感じがする。
 もちろん、僕自身はストイックな修練として歩いているわけではなくて、純粋に楽しいからやっている。夏の盛りは、草木が鮮やかに照り輝いて、空の青さやわき立つ雲には本当に見事な勢いがある。まるで映画の美しい情景の中にいるみたいだ。

 そうして20kmほどを、ただひたすらに歩いてから家に帰ると、自分のどこかが一新されたような気持ちがする。捨て去るべき何かがぬぐい落され、浄化のエネルギーで満たされた感覚がある。


 僕にとって、何もない河川敷とかをウォーキングしている時間は、単なる体の運動を超えた、内的な充足の時間のような気がする。だからこそ、こんなに暑いさなかにも、まるで魂の滋養を求めるみたいに、おのずと足が向いていくのでしょう…。

 以前に読んでいたOSHOの本の中に、こんな一文があった――。

 「水泳は瞑想になり得るし、ランニングも瞑想になり得る。どんなことをしても、あなたが『そうしていない』ならば、瞑想になり得る」

 ここは、少々とらえにくいかもしれないけど…、何かを「している」のではなく、それを「していない」ということが最大の要点なのだろう。僕の場合は、黙々と歩いているときがいちばん「そうしていない」状態になれる感じがする。

 例えば僕が家事をしているときは、頭も体も家事をしている。ブログを書いているときも、やはりブログを書いている。
 でも歩いているときに限っては、妙な言い方だけど、僕は歩いていない。「歩いている」状況がそこに現れているだけというか、自分という存在が「歩くことそのもの」に置き換わっているというか…。
 簡単に言えば「無心になってしている」ということだけど、思考する心がないから、「それをしている自分」もいない、ということなのかも知れないです。


 同じように、趣味などに無心で打ち込み、もはや自分が「そうしていない」ような状況って、人によって色々あると思う。例えばそれがサーフィンである人もいれば、歌うことだったり、庭仕事だったり、写経だったり…。

 それらはたいてい、実生活面ではまったく非生産的なものごとだろう。
 でも「そうしていない」というくらい、いつもの自分自身が不在になることによって――、私たちは解き放たれ、内から癒され、再創造が始まるのではないかと思います。



結びのヒーリング・ミュージックは、Christopher Lloyd Clarke「The Ecstasy of Being」。
web拍手 by FC2
  ☞ コメント:27

 


プロフィル

Koudai Mitsuna

Author:Koudai Mitsuna
 
光奈 広大(みつな・こうだい)

 20年のあまりのサラリーマン生活を経て、いわゆる「ザ・マネーゲーム」を何とか卒業。今では束縛されない自由な日々を存分に味わっています!

 そうした中で心がけているのは、普通の日常的な行いを通じて、意識の進化を目指す「カルマ・ヨガ」。

 日々の喜びや学び、インスピレーションから得たスピリチュアルな気付きなどをブログで紹介しています。

 妻子と都内在住――。





http://facebook.com/koudaimitsuna

最近の記事
ツイッター
アクセス

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。