フロントページ   »  2015年11月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


 先週はめずらしく、色んな予定が盛りだくさんの日々を過ごしたので――、
 気持ちのいい秋晴れの日曜日に、ひさしぶりに趣味の「河川敷ウォーキング」に行ってきました。荒川沿いを、いつもより短めの10kmほど。


 それにしても、自分はどうしてこうも大きな川沿いを歩くのが好きなのか、僕自身いつも不思議に思う…。

 延々と続く一本道を、何も考えずにひたすらウォーキングすることで、内的エネルギーが浄化されるような「心地よさ」があることは、大きな理由の一つだ。

 そしてもう一つが、河川敷から眺める「景色」である。
 大きな川の近くで生まれ育ったわけでは全然ないのに、なぜか胸の奥深くに染み入るような「なつかしさ」を感じるのですよね…。


 これは以前にも書いたことがあるけれど――
 川の「こちら側」の街も見渡しても、見た目どおりの当たり前の市街地にしか見えない。
 特にぱっとしない、即物的な住宅や、店や、会社のビルとかが立ち並んでいるだけだ。


 ところが、川をはさんだ「向こう側」の街のほうを眺めると――、
 自分自身の記憶を超えた、ものすごく根源的な「なつかしい世界」が広がっているように思えてくる…。
 現実的な表層部分とはどこか違う層が、透けて目に映っているような感じさえする。


 そして、遥か彼方にかすんで見える建物の、小さな窓の一つひとつの中に「人々のいとなみ」があることを思うと――、何とも言えないほどの「いとおしい気持ち」が心の奥底からわき上がってくる。

 もしできれば、そこにいる見知らぬ人たちのところへと飛んで行って、その人がどんな暮らしをしているのか、実際に見届けてみたい――
 さらにその人が、たとえどんな状況で、どんな気持ちで生きていたとしても、それをすべて肯定して祝福してあげたい――
 なんていう、ちょっと現実離れした理不尽な思いに包まれていく…。


 で、先日に読んでいた本の中で、いわゆる意識の目覚め(一瞥)を体験した人が、その感覚をこのような表現で振り返っていた――

 「その後もときどき、ふだん思いがけないタイミングで至福のときを体験している。喜びと、畏敬と、信仰と、愛に圧倒され、涙があふれてくる。
 それはある種の郷愁、『どこかにある故郷を思う気持ち』のような感覚というのが、それを表す一番近い表現ではないかと思う。まるですでに知っている、夢のような美しいその幸せなところに戻りたいと願うような感覚なのだ」――


 これを読んで、「あぁ、それそれ!」という感じがした。
 まさに、「どこかにある故郷」「夢のような美しい幸せなところ」、なんですよね。

 僕自身は、一瞥などの特別な体験はしたことはないけど――、体験者がそのときの感覚を思い起こすのにやや近いような感じで、僕は河川敷へとつい足を運ぶのかな…、なんてふうにも思います。


 同じように、人それぞれに、「どこかにある故郷」「夢のような美しい幸せなところ」の感覚が不思議と呼び起される場って、きっとあるのでしょうね!



結びのヒーリング・ミュージックは、Kip Mazuy「Water Falling」。
スポンサーサイト
  ☞ コメント:22

 


 パリ同時テロで妻を失った遺族の男性が、実行犯に向けてフェイスブックに綴った「君たちに私の憎しみはあげない」というメッセージが、世界的な共感を呼んでシェアされていますよね――


 無差別殺戮という暴虐に踏みにじられ、悲しみに打ちのめされながらも、「君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる」という意志は、本当に勇ましく明哲なものだと思う。

 そして、「君たちのために割く時間はこれ以上ない」と言い切って、いつも通りの幸せで自由な日常生活に戻ろうとする姿勢は――、「報復」とも「反戦」とも違う、ごく個人的で第三の「平和への道」のようにも感じられる…。


 もちろん、当然のことながら、こうした考え方だけによって、世界の対立や紛争が解決可能なわけでは全くない。
 また、さらなる事態や政治の意思決定によって、こうしたメッセージに寄せられている共感が吹き飛んでしまうことだってあり得るだろうだ。


 でも――、おそらく2001年のアメリカの同時テロのときには(状況も規模も国も違うけれど)、同じようなメッセージが出ても、今ほどは広がらなかったのではないかな…。

 その点で、世界中の人たちの意識というのは、この十年くらいの間に、着実に変化をしてきているようにも感じる。


 たぶんこの先、進んだり逆行したりしながらも――、ある意味で「一つの方向」へ、そして全体的には決して「後戻りのきかない道筋」として、私たちの歩みが進んでいくのではないかと思っています。


 先日に、エベン・アレグザンダーの最新著『マップ・オブ・ヘヴン』を読みました。

 前作の『プルーフ・オブ・ヘヴン』は、脳神経外科医である自らの身に起こった臨死体験を綴った、驚異的なドキュメンタリーだ。
 その2年後に書かれた今回の本は、「我々は何者なのか、どこへ行くのか」という根源的テーマについての、深い思索と展望をまとめたメッセージといえる。


 アレグザンダー氏は、臨死体験をする以前は、神秘的なものごとにはいっさい関心のない、徹底した唯物論者だった。

 でも現在は――、科学も宗教にも学ぶことがあるのを認めながらも、そのどちらからも完全な答えは得ることはできないと考える、いわば「第三の領域」に立っていると語る。

 そしてこれから、科学と霊性の二つが手を取り合うことによって、「人間という存在の理解のしかた、人間として体験することがらが一変していく」と見ている。


 さらにこの本では、読者から送られてきた、「自分も同じような体験をした」という臨死や意識の目覚めにかかわる、いくつもの証言が紹介されている。

 アレグザンダー氏は、自らの体験が決して特別なものではなく、「私に起こったことは、いま人類社会の全体に起きていることの一例だ。人々は誰もが、奥深くに天の記憶をとどめている」と説く。


 そしてその上で、私たち人類が、かつてない新しい時代変化を迎えようとしていることを、次のように展望している――

 「これからの時代には、人類にとって厳しい局面が訪れることになるだろう。我々はすでにそのことに気付き始めている。
 しかしそれと同時に、天上世界やそこにあるものを、もう一度真摯にとらえ直す時代になるだろう。そうなったとき、現在の思潮が根底から変わり、世界観に史上最大の大転換が起こる」


 「遠くへ離れる旅は終わりつつある。人間は帰郷へと向かい始めている。人類は歴史を通じて前代未聞の混乱の時代、そして同時に夢のような時代に入ろうとしている。
 心の準備はできているだろうか?」――


 個人的にも、社会的にも、何か出来事が起きるたびに、本当に私たち自身が「どう在るのか」を強く問われる――、そういう時代にますますなっていくように感じますね。



 結びのヒーリング・ミュージックは、Bruno Sanfilippo & Mathias Grassow「Ambessence piano & drones 7」。
  ☞ コメント:41

 


 壮大な宇宙を満たしているもの――
 それは、「未知なるエネルギー」。

 物質と呼べるものは、きわめて微少な量にすぎません。


 地球上のあらゆるものや、そして私たち自身にも、「未知なるエネルギー」は、あまねく浸透して、満ち満ちている。

 このすべてを満たすものこそが、宇宙の、そして私たちの、物質を超えた本質といえるでしょう――


 宇宙に充満するエネルギーには、私たちの「身体」とその「外側」といった隔たりはありません。
 「地球」と「宇宙」の境目も何もない。

 そのようにして、私たちはいつも、宇宙全体と一様につながっている。

 この「ひとつのつながり」そのものが、本当の私たちなのです――。




 先週末から、二人暮らしをしている高齢の両親の様子を見るため、京都の実家に帰省しておりました――。

 以前なら実家に帰ったときは、親が何でもしくれるまさに「上げ膳・据え膳」の生活で、のんびりと好きなところへ出かけたりブログの更新もできていたのだけど…、
 今回は、やれ役所の手続きだ、やれ家の大工仕事や庭仕事だ、やれパソコンとかの設定だで、けっこうバタバタと過ごす形になってしまった。


 僕は中学のときから東京の一貫校の寮で暮らして、そのまま東京で就職したものだから、両親にとって息子の里帰りは、やはり何ごとにも代えがたい貴重な楽しみのようである。

 身近な人も含め、周りの誰かを助けたり、喜ばせることに人生の値打ちがあるのだとすれば――、僕の場合、実家に帰ることが、そのポイントを効率的に獲得できる機会、なんてふうに言えるかもしれないです…。


 でも、そうして半年に一度くらいの間隔で両親に会うたびに、やはり老いが着々と進んでいることを、強く感じさせられる。
 認知症の母親は要介護の状態なので、このまま置いて自分が東京に戻っても大丈夫かなと思えてしまう…。

 心配は心配だけど、二人ともとりあえず体はとても元気だから――、以前も書いたことだけど、ここは「宇宙グループホーム」に信頼してゆだねておく、といった感じですね。


 そんな帰省だったのだけど、せっかく京都に来たのだから、一日だけ午後に出かける時間を作った。

 これまで一度も訪れたことのない、あまり人のいないところへ足を延ばしてみようと思い、京の北の果てに位置する「鞍馬寺」に行ってきました。


 一般には「鞍馬天狗」が有名で、また最近はパワー・スポットとしてもよく知られているところである。

 で、今回の記事のタイトル下にある奇妙な絵は何なのかというと、鞍馬寺の本殿の前にある「敷石」の形を描いてみたものだ。

 何とも、京都のお寺らしからぬ幾何学模様…。
(ふつうの目線で撮った写真はネット上にもたくさんあるけど、このように真上のアングルから描いた絵というのは、あまりないのではと思う)


 本殿からしばらく山道を歩いたところに「奥の院・魔王殿」というのがある。ここも、知る人には名所で、寺のパンフレットには――
 「650万年前、金星より地球の霊王として天降り、地上の創造と破壊をつかさどる護法魔王尊が奉安される」と、説明されている。

 このような不思議な言い伝えも(ネットで調べれば地名の由来をはじめ色々とあるけれど)、京都のお寺としては相当に異色に思える。


 京都の有名寺院の参拝客といえば、修学旅行の若者と、外国人観光客と、お爺ちゃんお婆ちゃんというのが主流なのだけど――、
 この鞍馬寺は、パワー・スポットとしての人気もあるためか、30代~50代の女性が比較的多く見受けられた。

 そうした女性たちが、本殿の前にやって来ては、絵に描いた敷石の真ん中にある「三角形」の上に立って、両手を差し出して天を仰ぎ、宇宙のエネルギーとつながるようなポーズをとっていた。


 その姿を見ているときに、ふと浮かんできたのが、今回の記事の冒頭に書いた一文です。

 このお寺にかかわりのある見方とは違うかもしれないけど…、こういうのも一つの観点なのかなと思います。


 ところで、市の中心から離れた鞍馬寺でも、あたりから中国語が聞こえてくるところが、そういう時代なのだなと感じさせますね…。



 結びのヒーリング・ミュージックは、Anthony Miles「Crystal Deva」。

  ☞ コメント:49

 


 「分かる」というのは――、
 それが「分かれている」からこそ、可能なこと。

 あるものが、周りと違う形に分離して「分れている」からこそ――、
 私たちはそれを区別・識別して、それがそこにあると「分かる」のです。


 いっさいが分離せず、あらゆるすべてが一体となった根源的な世界を、私たちは「分かる」ことはできない…



 たとえばそれは、空中に満ちる水蒸気を見ようとするようなもの。

 何ひとつ見えない中で、それは「無」に等しい。


 でも、大気と混然一体だった水蒸気が冷えて水滴となり、周りの空気とは異なる一粒一粒の形となって初めて――、私たちはその存在が分かる。


 さらに冷えて固まった雪の結晶に、私たちは、驚くほど精妙な自然の「美」を見いだす。

 そして、果てしない雪原に積もった無数の一粒一粒のすべてが、その驚異的な結晶であることを思うとき――、

 この世界に満ちわたる、はかり知れない「完璧性」を感じるのです。


 私たちが生きる、この目に見える分離の世界とは、「不可知なワンネス」の結晶ともいえます。




 結びのヒーリングミュージックは、Dean Evenson「Dream Space」。

  ☞ コメント:16

 


 一部は、全体を含んでいる。
 一瞬は、永遠を含んでいる。

 今ここには、全宇宙のすべてが、
 その形となって、現れている。



 ――いつもは長めの文章のブログ記事を書いているけど、今回はちょっと趣向を変えて、自筆の絵と短文にしてみました。

 言葉が少ないほど、やや「右脳寄り」の感じでいいかも…。
 いかがでしょうか? 今後はこういうのも増やしていってみようかな、と思っています!



 結びのヒーリング・ミュージックは、久石譲「銀河鉄道の夜」。

  ☞ コメント:40

 


 スピリチュアル関連の本を読んで「これは素敵だな!」と感じた言葉を、僕はなるべくパソコンに書き留めておくようにしています。

 そして、その中で短い一文のものを、ツイッターで紹介しています。(このブログをパソコン画面で見ると、右側のずっと下のほうに出ている)

 以前に、それらの言葉のうち「お気に入り登録」や「リツイート」の多かったものを、ランキングの形にまとめてブログ記事にしたこともあった。


 で、先日、これまでに紹介した言葉をざっと眺めてみたら――、「幸せ」や「喜び」に関するものが、やはりけっこう多いなと感じた。
 その一文一文を見ていると――、「こうした言葉をかみしめながら、内に根付かせていくことが大切だな…」と、あらためて気付かされる思いがする。

 というわけで今回は、過去にツイッターに載せた言葉の中から、「幸せ」や「喜び」に関するものをピックアップして、まとめて紹介してみますね。


 著名なインドの覚者ラマナ・マハルシは、「喜びは、真我の本性そのものである」と説く。
 また、神話研究の第一人者として知られるアメリカの文学者ジョーゼフ・キャンベルは、世界の神話に共通して描かれている冒険物語が私たち自身の「魂の旅」を表しているのだとして、その歩みにおいて「あなたの至福に従いなさい!」と強調する。

 つまり、幸せや喜びというのは、私たち自身の本質であり、生の目的へと向かわせていくための感覚ともいえるわけだ。


 ところが多くの人は、幸せを心底から切望しながらも、知らず知らずのうちに、幸せ以外のあり方を選んでしまっている…。
 他人と比較して、自分の不足部分ばかりを問題視したり、周りからの目を気にして、みじめな気持ちを味わったり。

 スピリチュアルの本を読んでいると、そうした私たちに根ざす「無意識の習慣」について指摘する言葉にもよく出会うけど、それはけっこう耳が痛いですよね…。

 「幸福」は人間の自然な状態だ。しかし多くの人は、不幸な状態に安住するように訓練されてしまっている。
 不幸への最短経路は、ものごとを比較することにある。財産や地位や才能がいくらあっても、比較すれば誰かより劣ったところがあるものだ。
 幸福は、誰と比較することもなく、今のありのままで「これでよし」と感じるところからやってくる。(エリザベス・K・ロス)


 幸せへの最大の障害は、「周りが自分をみじめにする」という思い込みだ。人をみじめにするのは、周りの世界に対する自身の反応である。
 多くの人は「自分に足りない何かを見つけなくてはならない」と考えている。そうして何度も転生して、秘密の鍵を探し続けることになる。
(バーソロミュー)


 ふつう私たちは、幸せというのは、「しかるべき状況なり理由が整ったときに感じられるもの」というふう考えている。
 しかし本当は、幸せとは自ら選び取るものであり、そもそも条件などいらないのだ、ということを伝えるメッセージも多い――

 人生の根本的な選択はたった一つしかない。「幸せになりたいか、それとも、なりたくないか」――。いったんその選択をすると、道が鮮明になる。
 だが大抵の人は、そうした選択をしない。そのような選択を、自分ができると思っていないからだ。(マイケル・A・シンガー)


 いまの瞬間、そのままでハッピーになれる。もしいまハッピーになれないとすれば、あなたは永久にハッピーになれない。
 幸せは未来とは何の関係もない。幸せは「明日」のことなど知らない。なぜなら幸せというのは、他の何にも依存しないからだ。それはひとつの態度である。(OSHO)


 他人がどう思おうと、気にすることはない。あなたの周りで動く宇宙は、そのままにしておけばいい。
 それよりも、自分でも驚くような自分になる喜びを見つけよう!
(パウロ・コエーリョ)


 とは言え、何も変わらない状況の中で幸せを感じるというのは、なかなか簡単なことではないですよね…。

 そのためのポイントとしてよく強調されるのは、「いま」の一瞬を感じながら生きること、その幸せを見いだすということ。
 特別なパワーとか技法ではなく、本当にそれこそが、新しいあり方への鍵なのでしょう――

 私たちの努力目標とは、「この一瞬を味わい尽くす」ことにある。この一瞬の中に、幸福と愛につながるすべての可能性がある。
 「未来はこうあるべきだ」という期待の中に、その可能性を埋没させてはならない。(デーヴィド・ケスラー)


 ほんの一瞬のうちに、幸福を思い描いて喜びを感じることができる。みじめな人間を演じて自己憐憫を感じるのも、一瞬しかかからない。
 それを誰がやっているのだろう。あなただ。周囲では何も変わっていないのに、あなたはすべてが変わったのだ。(ラムサ)


 瞬間瞬間が何をもたらすように思えても、その瞬間に喜びを見いだしなさい。喜び、それこそが本当のあなたであり、いつまでもそうなのだから。
 神は、不完全なものは創造できない。ただ完璧さだけを見て、人が不完全だというものに、不完全な形で触れないように。(ニール・D・ウォルシュ)


 そして幸せや喜びというのは、自分を満たすだけでなく――、具体的な行為となって他者に働きかけたり、さらには、内なる幸せに即した世界を周りに投影するのだという。

 幸せとは、単なる「個人的な感覚」にとどまらず、周りに与えるもの、外へと現される性質のものなのだ――

 幸せになるために何かをするのではない。幸せだから、何かをする。共感するために何かをするのではなく、共感しているから、優しい行動をとる。
 高い意識を持つ人は、魂の決定が先で、その後に行動がくる。無意識な人は、行動を通じて、魂のある段階を生み出そうとする。(ニール・D・ウォルシュ)


 もし私が幸せなら、宇宙も幸せです。私が自分を愛していれば、他の皆も私を愛するでしょう。私が平和なら、すべての創造物が平和なのです。(アニータ・ムアジャーニ)


 まずは、身近な人たちにの幸せや喜びを、少しでも呼び起こせる存在であること――、
 それが、自分を含めた全体の幸せや進化に向かっていく、小さいながらもとても重要なきっかけになるのでしょう。

 自分の心の中に喜びがないように思えるときにも、喜びはある。ただし喜びは、外に出さなければ感じられない。
 そのためには、他者が喜びを感じるのを助けてやればいい。他者にある喜びを引き出せば、自分の中にある喜びを外に出すことができる。(ニール・D・ウォルシュ)


 進化レベルの高い人は、楽しくて面白い傾向があるのではないだろうか。人生、時間、進化、永遠などに対して卓越した考えを持つ人は、この世界の一時的なことがらを必要以上に深刻にとらえないし、冗談もよく言うものだ。
(エンリケ・バリオス)


 最後の、「アミ 小さな宇宙人」の作者であるバリオスの言葉は、けっこう好きですね。

 明るく、楽しく、面白い人でありましょう! と言うと、あまりに世の中的に当たり前すぎて、真剣な魂の道になじまないように思えるかもしれないけど――、
 でもそんな楽しい気分が、マハリシが「喜びは、真我の本性そのものである」と語って示すところへ、大きな道としてつながるのだろうと思います。



 結びのヒーリング・ミュージックは、Adiemus「Rain Dance」。
  ☞ コメント:32

 


 「私」というのは、この肉体や人格を持った「個人としての存在」であるというのが、ふつうの疑いない日常感覚といえるでしょう。

 それに対し、禅やアドヴァイタ(非二元)、最近のスピリチュアルのメッセージでも、「そのような私というのは、そもそも存在しないのだ」ということがよく説かれる。


 でも、いくらそのような観点が強調されても、経験的な感覚とはどうしても相容れない…。
 ではこの、ずっと確固としてある、個人としての「私」の感覚というのは、いったい何なのか――

 それは、実は「周りからの情報の集まり」にすぎないという考え方が、脳科学や哲学の分野にもあります。


 たとえば(これは以前のブログでも紹介したことがあるけど)、脳科学では長年、脳の中に「意識」を生み出す脳細胞があるはずだと考えられ、研究が続けられてきた。
 ところがその脳細胞は、今も発見されていない。


 こうした中で近年特に注目されているのが、アメリカの神経学者クリストフ・コッホが唱える「統合情報理論」というものだ。

 コッホ氏は、「私たちの意識は、特定の細胞にあるわけではない」としている。
 そして、「意識とは、脳細胞が『複雑なつながり方』をして、ひとつに統合されたときに生まれるものだ」と説く。


 私たちの脳には、1,000億個以上もの神経細胞があって、それらの細胞は、非常に複雑なネットワークを形作っている。

 そのネットワークの中で、視覚や聴覚、熱さや痛みといったさまざまな「感覚」、喜びや怒りなどの「感情」、さらに過去の「記憶」や「思考」といった膨大な量の情報がやり取りされている。

 この複雑なつながりや情報が「ひとまとまりのもの」となったところに、おのずと「意識」が生まれる――、というのがこの理論の示すところだ。


 これは、なかなか面白いことだなと思う。
 つまり、私たちの「意識」というのは、生体や物質などのいわゆる「実体」の中に存在しているわけではない、ということになる。

 たくさんの神経細胞がつながった、膨大で多様な情報がやり取りされるネットワーク――、そのようないわば「目に見えない場」のようなところに「私」という感覚が発生しているのだといえる…。


 同じような考え方は、まったく別の分野にもある――、
 18世紀イギリスの哲学者ヒュームは、「私とは、知覚の束にすぎない」と主張する。


 ふつう誰もが、「私」というものがまず存在していて、その私が視覚や聴覚、熱さや痛みといった「知覚」を受け取っているものだと、当然のことながら考えている。

 ところがヒュームは、それとは逆に、最初に「知覚」のほうが先にあるのだという。

 その色んな知覚が、周りから絶え間なくものすごいスピードで次々にやって来ることによって――、
 それらを感じている「固定的な存在」がここにあるのだというふうにとらえ、そこから「私」という観念が生み出されるのだ、と説いている。


 「私とは何か」は、言うまでもなく哲学のメインテーマである。
 その「私」というのは、次々に生じては消える知覚や記憶を集めて作り上げられた想像上のものにすぎないというのが、ヒュームの考え方だ。

 前述の神経学者のコッホ氏とは、分野も時代も違うけれど――、
 周囲からの情報が集まって、実体のないところに「私」という感覚が生じるという点では、けっこう似ているところがあるなと思います。


 こうした考え方から、あらためてスピリチュアルなテーマについてとらえてみると――、

 「個人としての私」の存在は、感覚としては本当に誰にとっても疑いなく鮮明ではあるのだけれど、でも、その理屈としての裏付けは、実感ほどは確かなものではないともいえる。

 この世界は大きな「全体」だけが存在し、それが常に変化し続けていて――、その中で、単なる情報や知覚の束が、「個人としての私」というものを生じて感じさせている…。


 「だから生き方をこう変える」というものでもないですけどね。
 でも、こうした真実を前提としながら、現実的な日常にきっちり取り組むことによって――、新しい世界観や向き合い方の中から、何かの気付きや変化が起こっていく可能性もあるのかなと思っています。



 結びのヒーリングミュージックは、Steven Halpern「Relaxation Suite」。
  ☞ コメント:24

 


プロフィル

Koudai Mitsuna

Author:Koudai Mitsuna
 
光奈 広大(みつな・こうだい)

 20年のあまりのサラリーマン生活を経て、いわゆる「ザ・マネーゲーム」を何とか卒業。今では束縛されない自由な日々を存分に味わっています!

 そうした中で心がけているのは、普通の日常的な行いを通じて、意識の進化を目指す「カルマ・ヨガ」。

 日々の喜びや学び、インスピレーションから得たスピリチュアルな気付きなどをブログで紹介しています。

 妻子と都内在住――。

最近の記事
ツイッター

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。