フロントページ   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトスピな散文  »  素晴らしさへのスポットライト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
 


 ある人気作家が、短編小説についてこんなことを語っていました――

 「定評のある優れた短編作家でさえ、せいぜい十編書いて、その中にひとつかふたつ素晴らしい作品があれば上出来だと思う」

 よく、野球のトップバッターでもヒットの数よりアウトの数のほうが圧倒的に多いことは言われるけど、小説の分野でも似たようなことが言えるわけですね。


 確かに、同じ作家の作品がいくつも載っている短編集を読んでも、「これは面白い!」と全面的に評価できるものは、やはりけっこう限られてしまうだろう。
 それ以外の作品はちょっとイマイチだったり、つかみどころがうまく分からなかったりもする…。

 でも、全体がそうであっても、その共感できる素晴らしい一部をもって、自分にとって「とても好きな作家」になることもある。


 同じように、絵の展覧会とかもそうだ。
 美術館の中を一通り見て回って、どの展示品もすべて例外なく素晴らしいと思えるケースなんか、普通まずあり得ない。

 しかしその中に、目を見張るいくつかの作品が一部あれば、「これは見に来てよかった!」と心から感じられる。


 小説や絵、音楽の楽しみというのは、そうした「素晴らしい一部」によってもたらされていることは――、わざわざ言われなくても、誰でも無意識のうちに分かっていることだ。

 だから自然に、素晴らしさに着目するように心がけながら見ている。


 逆にもし、「十編のうちひとつかふたつ素晴らしいものがあれば上出来」といわれる短編小説集の中で――、自分が良いと思える一部はそっちのけにして、他の多くの気に入らない作品のほうに焦点を当てながら、「この作家の書くことは本当にくだらないものばかり!」と批判していしたとすれば…、それはちょっと「エネルギーの無駄」だろう。

 美術展でも、自分にとっては評価に値しないような展示品だけにわざわざ着目して、「見に来たかいがなかった」と感じていたとするならば…、それは「ものの見方そのものを間違っている」とも言える。

 また、例えばCDアルバムをかけるとき、素敵に感じる曲のほうはスキップして、あえて自分が好きでない曲ばかりを繰り返し聴いていたとする。
 そしてふだんも頭の中で、その気に入らない曲のフレーズを延々と再生し続けては、うんざりした気分になっていたとしたら…、それはすごく「生きづらい生き方」をしてしまっている。


 で、こうした小説や絵や音楽のことならば、違和感なくその通りだと思えても――、
 一方で、こと現実的な世界観とか人との関係性においては、まさにそのようなエネルギーの無駄や、ものの見方の間違いや、生きづらい生き方をしてしまっていることが、けっこう少なくないように思います。

 さらには、そうすることをむしろ、自分にとっての価値意識や知性の表れであるとか、相手や世の中のことを思っての行動だと考えているケースまであったりもする…。


 この世界に生きる「喜び」の鍵とは、まさに「素晴らしさ」のほうにどれだけ意識のスポットライトを当てられるか、なのでしょう。

 自分の周りにも、広い世界の出来事にも「素晴らしさ」は確実に存在するはずだ。
 それは数少ないごく一部のことかもしれないけれど、でもそれは、その一部をもって「世界は素晴らしい」と感じるに値するものに違いないと思う。


 ところが私たちのエゴ意識は、そういう見方をすることをいっさい好まないようで――、常にあえて気に入らないものや、嫌悪感をかき立てる問題などに着目するよう、関心の方向を仕向けようとする。
 それによってエゴは、存続するためのエネルギーを得ている。


 素晴らしさにスポットライトを当てることは、決して人生を直視していないとか、嫌な問題から目をそむけているのではない。
 むしろそれこそが、展覧会の絵を見るときのような、自然なものの見方なのだと感じます。


 そして、そうした見方を心がけていると――、やがて自分に起こるたいていのことが「素晴らしいもの」として見えてきたりもします。



結びのヒーリング・ミュージックは、「Tingara」。

web拍手 by FC2
  ☞ コメント:32

 
次の記事→
聞くことの話
←前の記事
ブログのちょっと不思議
コメント
7859
日々が、エゴとの『押し競まんじゅう』みたいです
小説や絵や音楽で、自分が感じる『素晴らしさ』を、
そのまま『現実的な世界観とか人との関係性』に照らす知恵は、
広大さんならではでしょうね。

まさに、その視点そのものが『素晴らしい』と思います。

もちろん、素晴らしさにスポットライトを当てますが、
同時に、ほぼ自動的に、批評判断している自分を感じることがよくあります。

まだまだですねぇ。


7860
風子様

 こんにちは!

 エゴ意識との押し合いへし合いで、十分いいと思いますよ。
 それを認識していること自体が、何より大事です。

 エゴ意識にほぼ100%巻き込まれながら、それを自覚することなく、スピリチュアルな意見を語っている人もいっぱいるでしょうから…。

7861
まさしく!
こんにちは
今朝はまるで、前回の記事のような”シンクロ”でした。
職場での人間関係に不具合を感じて、昨夜までは「明日、私の思いを上司に打ち明けよう」と考えていました。
今朝起きたら、何故か(全て私が自分の目線から、相手の欠点だけをあげつらって構築していた世界)という言葉がポンっと浮かび
「そっか〜、視点を変えなきゃな」と思いながらPCを開いて覗き込んだ光奈さんの今回の記事でした。
思わずニヤニヤしてしまい、「これだから、やめられない」
素晴らしきこの世界
さっ、出勤してきまぁ〜す!

7863
よかったよかった
光奈さん、こんにちは。

自分に起こることはすべて素晴らしい。
そんなふうに思えるようになると、何が起きても楽しめますよね。

おととい、人生初の芝刈りを体験。
これまでは庭の芝生の手入れは母にまかせていました。
母は少し弱音を吐くものの(かつては意地でもやると発言していました)
私に、手伝ってとは言いません。

かつての私なら頼まれなくてもやっていましたが、それはやめています。
私は自分がやりたいことしかやらないと何度も言ってきました。

そんな会話をすると母はいつも無言になってしまいます。
母の中には、やりたいからやる、という発想がほとんどないみたいです。

結局私が半分近く芝を刈ったことで(やりたかったのでやりました)、
母もがんばれたみたいです。
代わりにやってあげることより母が自分でやれることを応援していきます。

母から頼まれたことは喜んでやります。嫌なことでなければ。
しかし、母は頼むのがとても苦手(笑)。それは元気の証でもあります。
母が元気でよかったよかった。

話しは変わりますが、少し前にある依頼をやりたくなかったので断りました。
世のため人のための呪縛がやっと解けたみたいです。ラクチンです。

7864
fujiwara様

 こんにちは。

 大切な気付きによって、心の引っ掛かりが取れて、良かったですね!
 シンクロまでして面白いです。


 僕自身も20年以上のサラリーマン生活で、職場や取引先など大勢の色んな人たちと関わり合ってきました。
 その中では気に入らない人との関係性も多々経験してきました…。

 ただ、仕事があまりに忙しすぎて、課題がいつも山積していたため、相手の性格や言動に気を止め続けている余裕が全くなかったというのが実情です。
 そういうサラリーマンもけっこう多いでしょう。

 こんな忙しさは健康上良いことではないでしょいし、職場のタイプや状況にももちろんよりけりですけれど――、でも実際、「人間関係の問題にかかずらわなくても、業務は遂行できる」という側面も多分にあるでしょうね…。

 仕事上で誰かの欠点ばかりが目に付いてしまうのは、たいていの場合、余計な世界観かもしれないです。

7865
そのとおりですね
全部が、いいというわけではないけれど
これとあれが、いい。

それだけで大ファンになる。

日常の暮らしも似たような感じがします。
ユーウツなことがいっぱいあったけど、
いい天気になって、カッパ着ないで通勤できる、
じゃ、ラッキーだー。
みたいに・・・

7867
そうだね・・・。

7869
あおむし様

 こんにちは!

 芝生の庭は手入れが大変ですよね。
 うちの場合は洗濯物が干せるベランダがあるだけなので、うらやましい限りですが…。

 自分でできることは自分でしてもらって、頼まれたことは喜んでしてあげるって、一番いい考え方だと思います。

 どんなことでも、人の助けとしてすることは、互いの喜びになりますよね。

7870
森須もりん様

 こんにちは!

 大変なことが色々あっても、いい天気でいい気分になれるって、本当に素敵なことです。

 そのような輝きは、どんなときにでも、目の前に現れてくれるものだと思いますね。

7871
なのはなS様

 こんにちは。
 有難うございます!

7874
「素晴らしさにスポットライトを当てることは…自然な見方なのだと感じます」
たぶんそうなのでしょう。

某人気カウンセラーさんが、悩み苦しむ相談者さんを大胆にも「変態・マゾ」などと表現することがありますが、上のことが「自然」ならば、なるほどそうとも言えるなんだろうな、と思います。

しかし私もだいぶ変態のエゴイストなようで、エゴがまったくない人生なんて面白くなさそうだ、七味唐辛子のない天ぷらうどんみたいなものじゃないか、などと思ってしまいます。

7875
そこらへんがよくわからないのですが、いい所をいうと、それは「いい子ぶって」みたいな事をいわれるんですが、気にしないことにしています。自分の人生にはいいところだけ見れていたほうが、なんか楽しいので。確かに悪いところもありますが、そればっかりを言っている人生なんて絶対に面白くないと思います。だから、悪いところがあったら、それを帳消しにするために絶対に良かったところを言うようにしています。出会いも同じ。感性が合わないというだけで、嫌っていると損をしますので、せっかくあったのだから、その人のいいところをなんとかしてでも探そうとしていくほうが楽しいと思っている次第です。

7877
ruri様

 こんにちは!

 エゴは、この世界で色んな経験をするための機能なのでしょう…。

 エゴという言葉の意味を、「利己的・独善的な意識や感情」とすると、それはやっぱり苦しみのもととなるいらないものです。
 でも「自と他を別ける感覚」だとすると――、それによって誰かに与えたり、誰かから受け取ったり、皆で分かち合ったりと、この世界ならではの味わいを生むものですよね。

7878
丹後のきんちゃん様

 こんにちは!

 かかわり合う人の「良いところ」に着目するのは、本当に大切なことです。

 また口に出して言わなくても、「この人には、ならではの魅力や個性や力がある」と内で感じながら接する形でもいいと思います。
 僕の場合、そのほうが相手の心の奥に伝わりやすように感じますね。

7879
駄作が8割、つまらない絵が9割、アウトが7割でも
それらは誰も精神的・肉体的に傷つけないですが、一方で現実の「素晴らしくないもの」は人や動物や植物を傷つけたり苦しめたり殺したりする。
だから難しい訳ですし、この二つを重ねて見るのはちょっと乱暴かなと思いますが、言わんとする事は分かります。

私も「いいな」と思う人は皆ポジティブですしね。
「何でそうネガティブなんだ・・・(ネガティブな事にばかり意識を向けているんだ)」「何でこの人は自分の望む事じゃなくて望まない事ばかり考えてるんだろう?」と思う人を見ると、「やっぱりこういうのはまずいな」というのがよく分かります。

「自分が望まない事(恐れている事)」ばかりを考えている人を見ると、「エネルギーの無駄遣いをしているなあ・・・」とよく思います。
思考だってエネルギーなので無駄な使い方はしないに越した事はないんですが、何と言ってもお金がかからないので、思いっきり無駄遣いしている人は多いです。
と言う私自身も相当していると思うので人の事は言えないのですが、正直「自分が恐れ、実現して欲しくない事にエネルギーを注ぎ込み続けるなんて、何て変わってるんだ」と思います^^;
勿論、これは自覚していないからなんですけどね。

しかし、「素晴らしい事に目を向ける」というのも、無理にやっても難しいですよね。
無理に「ポジティブ・シンキング」をしても不自然になるように。
この辺のさじ加減が難しい所ですが。






7881
Clary Sage様

 こんにちは!

 Clary Sageさんが言われる「この二つを重ねて見るのはちょっと乱暴」という視点は、本当に大切だと思います。

 今回のような話に対しては、「こんなネガティブな例だってあるではないか」「実際には簡単じゃない」という見方だっていくらでもできてしまうのですが…、
 そうした目の置きどころ自体が、今回指摘している「気に入らない部分に着目してしまう」という習慣の延長であるともいえます。
 私たちは何か機会があるごとに、その習慣を強化してしまっていることも少なくないです。


 もちろん、全体をふまえて評価するほうが理にかなっているし、ネガティブな部分にこそ着目して取り組まなくてはならない局面も少なからずありますが――、でもあらゆるケースにその習慣的な見方を適用するのは、決して得策ではないでしょう。
 まさに大きなエネルギーの無駄遣いにつながりなねないと思います…。

 世界を見る「視点」もまた、固定的な信念や習慣にもとづくのではなく、柔軟な「使い分け」とか意識的な「選択」も大切なのでしょうね。

7882
自分が、その事柄に対して、
責任がある場合と、無い場合によって、
見る部分を変えるのが良いのかなとも思います。
責任のある事柄に対して、良い部分ばかり見て、
悪い事柄を無視して、対策を講じないのは無責任ですし、
ある事柄に対して、責任のある人が、
予測される危険に対処するために、
ネガティブな部分に着目して、対策を講じるのは、
責任のあるものの当然の務めです。
そして、その事柄に対して、責任のない人が、
責任のある人に、ネガティブな部分ばかり見ている
といって非難するのはおかしな話です。
飛行機整備士でも、原発管理者でもいいですが、
良い面ばかり見ていると酷いことになりますし、
政治家も、社会の良い部分ばかり見ていると、
より良い社会は期待できませんね。

7883
こんにちは、今日はフェレットの最後のお別れです。遠い所からお迎えに来ます。幸せになってくれるのを祈るだけです。辛いです。

ランキングもぽち!して帰ります^^

7884
キャロライン・メイスの動画
https://www.youtube.com/watch?v=spJEtx1vEz8

後半で「思考とは投資である」という事を言っています。
投資には良くも悪くも利子が付いて一つ残らず戻ってくる、と。
私はこの考え方はかなりしっくり来ます。

自分と全体のために賢い投資をしなければならない。
どこに投資したいかを見極め、引き上げるべき所はすべて引き上げる。

動画で「今、2000年に世界が滅亡するという思考が人気がありますが、そこには一株も投資しないと決める」という箇所があります。
今だと「大地震と噴火」でしょうか。私もずっと気になって、地震や噴火に関する予言や科学的な予測を見てきましたが、あまり意味がないんですよね。準備するのはいいですが、戦々恐々としていても仕方がない。こうしたものを見ても見なくても、起きる時には起きるし、起きない時には起きないのですから。
これなんかは一般的に言っても「やめるべき投資先」でしょう。
あと、自分がやめたいと思うような習慣などもそうですね。

全部が全部でないとしても、恐れに投資してもまず意味はないのは確かです。



7885
korva様

 こんにちは!

 「自分自身が当事者としての責任がある世界」と、あくまでも「自分以外の誰かのものとして展開されている世界」とを、ある程度分けて考えることが必要なときもあるなと、僕もよく思います。

 それによって、見方や取り組み方がかなり違ってきたりもします。
 ガイドの存在などがヒントを与えてくれるのは、主に前者の問題に関してのようにも感じます。


 ただ、仕事上の問題やリスクの場合、必ずしも「ネガティブな部分に着目する」という見方ではなくて――、
 たとえ不測の事態に際しても、顧客や取引先を困らさせない、信頼を裏切らない、必ずや納得・満足してもらうといった、むしろ自分たちの「良い面」を出発点に対応に取り組むのが真っ当なのだろうなと思います。

7886
フェレパパ様

 こんにちは!
 応援を有難うございます。

 お別れは、本当にお辛いでしょうね…。
 でも間違いなく、その辛さ以上のものを、互いに与え合っているのだと思います。

7887
Clary Sage様

 こんにちは!

 なるほど、「投資」の話は素晴らしい例えですね。心から納得です。

 確かに、インデックス・ファンドなど市場全体にまんべんなく投資する手法もありますが、たいていは「選択された一部の銘柄」だけが投資対象となります。
 その投資先は、市場全体とはまた違った推移をすることもあります。

 そして市場全体がどうであろうが、自分の資産にとっては、投資先である「選択された一部」こそがすべてです。

7888
光奈さん、こんばんは。

私は我が家の防災部長として、備蓄品を整えたり、
突っ張り棒などで家具の転倒を防止したり、
停電になっても困らないように各所にライトをつけたり、
電池式の扇風機やラジオを用意したり。
出来る範囲のことを楽しくやっています。

大地震を怖れての行為ではなく、災害の可能性もあるので、
自分のできることをやっているだけです。
私が朝食を食べなくなったり、母は胃がん手術で少食になったりで、
備蓄品の内容も量も変わりました。
日常の中で美味しく味わえるものを備蓄するようになりました。

311の震度6弱は確かに大きな揺れでした。
でも、それでも家は残り、生活が変わることがなかった。
ただし私の意識は大きく変わり、今の私に導いてくれました。

防災部長としてこれからもできることはやっていきます!
被災した時に笑顔で過ごすことが防災部長の一番の仕事だと思っています。

7889
こんにちは今日も暑いですね~昨日にはフェレットお迎えに来ていただき、お別れいたしました。返して~!!とっ、言いたいぐらいでした。
ポチっとランキング入れます^^

7891
あんまり更新しないけど
いつもかわいいユウレイ日記に訪問ありがとうございます

7892
自分の望みというのはどうでもいいのかもしれない
先ほど(初めて)コメントを削除したのですが、「自分の本当の望みは心の平安だと思う」とか「望みが沢山あるとマインドがごちゃごちゃする。物と同じように一つ一つ吟味して断捨離したい」といった事を書いていました。

しかし、読み返してみると「これでは、明け渡しとか神にすべてをゆだねるといった事は出来ないなあ」と。

「吟味した少数の望みを持つのがいいのでは」と書きましたが、吟味されていようが何だろうが、それを実現しようとする動きというのは、明け渡し、或いは「完璧な流れを信頼する」といった事とは異なります。

「これは自分の本当の望みだ」と考えれば、尚更実現しない訳にはいかなくなる。
でも、心の平安であろうが、悟りであろうが、所謂物質的な望みであろうが、それを得ようとする動きというのは余計な事なのかも。

「自分の望みを実現する=幸福」という考えは根強いし、それはそれで全然間違っている訳ではないけれど、明け渡しとこの考えは相容れないのだと思います。

記事の趣旨と大分外れてしまいましたが・・・。











7893
あおむし様

 こんにちは!

 震災への備えは、命の危険を回避するというのももちろんありますが、「起こっても困らないようにするため」というのが現実的な対策の大部分でしょう。
 そういうのは大事だと思います。


 一方で、そんな備えもいっさい役に立たないような、地球規模の破滅的な災害が起こる可能性も考えられるのでしょうけれど…、
 そのリスクを過剰に想定するのはどうかなとよく思います。

 私たちの体は、たとえば脳の細い血管が詰まるだけで死んでしまうような、身近で比較的高確率なリスクをたくさん抱えながらこうして生きているわけですから――、それに比べると、地球規模の破滅的な災害を想定したり恐れる意味は、それほどは大きくないのかなとも思えます。

7894
フェレパパ様

 こんにちは!
 応援ありがとうございます。

 きっと新しい家でも、たくさんの喜びを与えながら、幸せに暮らすに違いないと思います!

7895
女体ユウレイ様

 こんにちは!

 こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます!

7896
Clary Sage様

 こんにちは!

 「望み」と「幸福」とは、けっこう微妙な結びつき方をしていると思います。
 でも、必ずしもイコールというわけではないでしょうね…。

 たとえば僕自身は、できれば今の家族と長く暮らしていくことを望んでいます。
 でももし妻が、しかるべき思いがあって離婚という選択をしたとしても、それは僕にとって必ずしも「不幸」ではないと思っています。

 また、自分が健康に生きることを望んでても、病死することが絶対に「不幸」であるとは見ていないです。


 たぶん、「望み」そのものは持っていてもいいものの――、
 ただその望みを「幸せ」の必須条件としてしまう(望みがかなわないことを不幸としてしまう)という「関連づけ」こそ、手放すべきものなのかなと考えています。

7903
研磨剤
 何かを素晴らしいと思う感覚も、それが内なる神性かエゴのどちらに端を発するものかによって、本人の指向するところが自ずと変わっていきます。「素晴らしさ感」とでもいうような、心の共鳴に対する分析力が人によって異なっていて、そのことがそのままこの世界を(例えば音楽一つをとっても)バラエティ豊かな状況にしているのでしょう。勿論この世界の全てにはここならではのものが詰まっているという点で一定の意味や役割があると思いますが、僕自身は巷で人気とされる大抵の物事と自分の感性にズレを感じることが結構あります。
 ブレない感性を持っていれば、自分にとって必要なものとそうでないものの取捨選択もスムーズに出来そうですね。
 光奈さんのブログには、それぞれの記事を読んでいく内に読み手の神性が自然に研ぎ澄まされていくような影響力があって、それがとても気持ち良いです。 
 図らずも「感」だらけのコメになってしまいました(゚w゚)

7907
masahiroGN様

 こんにちは!

 感性が「ブレない」と同時に、ものすごく「柔軟」であることもまた大切だと思いますね。

 まったくの矛盾ですけれど、そのような矛盾の両面をあわせ持つことが、スピリチュアリティ(あるいは神性)の性質なのでしょう。

 素敵なコメントをいただき、とても嬉しく思います!

コメントの記入
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィル

Koudai Mitsuna

Author:Koudai Mitsuna
 
光奈 広大(みつな・こうだい)

 20年のあまりのサラリーマン生活を経て、いわゆる「ザ・マネーゲーム」を何とか卒業。今では束縛されない自由な日々を存分に味わっています!

 そうした中で心がけているのは、普通の日常的な行いを通じて、意識の進化を目指す「カルマ・ヨガ」。

 日々の喜びや学び、インスピレーションから得たスピリチュアルな気付きなどをブログで紹介しています。

 妻子と都内在住――。





http://facebook.com/koudaimitsuna

最近の記事
ツイッター
アクセス

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。