フロントページ   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトスピな散文  »  大空の見えざる8の字
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
 


 前回記事で、月の力と海の満ち引きについて書きましたが、今回はそこから脇道に行ったような話題です――


 2年ほど前の「0時00分の太陽」という記事で、太陽の「アナレンマ」現象について触れたことがあります。

 ふつう何のことやら分からないだろうと思いますが…
 太陽は正午に「南」に来ると学校では習ったけど、実はその位置は、時期によって少しずつずれがある。

  正午ちょうどの太陽を1年間にわたり撮影すると、この写真のように、空に大きな「8」の字を描く形になる。

 これが「アナレンマ」と呼ばれる現象で、地球の地軸の傾きと、地球が太陽の周りを回る公転軌道が楕円であるため、このようになるのだそうだ。

 「太陽の首飾り」なんてロマンチックな言い方もあって、実に壮大で神秘的な美しさですよね。


 ちなみに、今回の記事タイトル下にある写真は、航海用の古い地球儀に描かれたアナレンマの図だ。
 太陽の位置関係を正確に把握することは、長い航海においてとても重要なことなのでしょう。

 また、宇宙に浮かぶ天体は完全な物理法則によって運行されているわけだけど――、それは直線や真円といった完璧さとはまた違い、精妙なゆらぎを伴うバランスにもとづいていることを感じさせますよね…。


 で、太陽にはそのようなアナレンマがあるけど、月の場合はどうなのだろうと、前回記事を書いたときふと思って調べてみた。

  すると、ちゃんとありました。月のそれを撮影した写真が(場所はスペインのダリ劇場美術館)――

 月もこのような雄大な「8」の字を描きながら、夜空を運行しているのですね!
 しかも、満ち欠けを伴って「8」になっているところが、何とも見事な感じがします。

 ただ月の場合、「同じ時刻」に撮影するのは無理である(たとえば「深夜0時」の場合、満月のころの月は南の空にあるけど、新月に近くなると地球の裏側に行ってしまうので、見ることができない…)
 そのためこの写真は、毎日51分ずつ時間を遅らせて撮影されているのだそうだ。


 こうしたアナレンマの現象は、太陽や月をふつうに眺めているだけでは分からない。
 1年間(月の場合は28日間)正確に撮影してはじめて、目にすることができるものだ。

 誰も見ない山奥で可憐で優美な花が咲いたり、降り積もる雪の一粒一粒すべてが端正な結晶であったりと――、世界には私たちの想像を超えた、不思議な「美」が満ちている。

 この宇宙や大自然は、サムシング・グレートの「壮大なキャンバス」とも言える。

 太陽や月が空に描くアナレンマもまた、そのひとつに思えます。



 結びのヒーリング・ミュージックは、Llewellyn「Alluring Undines & Mermaids」。
web拍手 by FC2
  ☞ コメント:14

 
次の記事→
答えは目の前の、物語の外
←前の記事
時の次元の満ち引き
コメント
8268
光奈さん、こんにちは♪
普段何気なく過ごしている家の中でも、ちょっと背伸びして歩くだけで(背が10センチ高くなるだけで)、けっこういつもと違う風景が見えたりしますよね。
世間の常識や既成概念に基づいた、「人間の視点」では見えないことでも、ちょっとだけ今までとは別の視点からものを観ると、今まで見えなかったものが突然見えてきたりして、驚いたり、感動したり。
まだまだこの世(世界)には、体験しておくべき楽しいことがいっぱいですね♪

8269
8のじ!
まさにメビュースの輪ですね
今を見ている ”点” がたくさん集まって線になり
とはいっても繋がっているのか・・・
本当に点の連続なのか・・・
おもしろい世界ですね

でも 8の字を見つけた人の
最初の閃きはどこから来たのでしょうね

見えない世界を見える世界に変えて行く
こんな楽しい事がこれからも
誰かから伝えられるのでしょうね
その度に人々は驚嘆の声を上げて
1歩前に進むのでしょうね

8272
じゅりあーの様

 こんにちは!

 本当に大事なのは「視点」ですよね。
 視点を変えれば、いつもの日常でも、それは別世界です!


 最近好きになった、とても端的な言葉――

 「そう、別世界は存在する。ここがそれだ。」

8273
光子様

 こんにちは!

 まさに永久に続くメビウスの輪ですね。
 地球上に生命が誕生する遥か前から、そして太陽と地球がある限り、延々と描き続けられていきます。

8275
光奈さん、こんにちは。

絵てがみ集印刷に追われています。
版下を作り直して掲載絵てがみ数が増えたのは良かったのですが、
印刷に時間がかかり、嫌気が・・・。インクもすぐになくなります。
以前作ったものを流用すればラクだったのに・・・。
私はいつもめんどくさい道を進んでしまうようです(笑)。

とはいえ、絵てがみ教室の生徒さんがお金を出して、
パソコンで作る最後の絵てがみ集を作らせてくれている、と思えてきました。
完成すれば、楽しかったと思えるでしょう。たぶん。

こんな時だからこそ、今日の散歩中に空を眺めてみます。のんびり歩きます。

8276
楕円。このこと自体が宇宙の不思議だと思います。円ならば、ある一定の力が一点から働いているからだということで、円軌道が説明できるのですが、楕円となると、すくなくとももう一点からの力が働かないと楕円軌道にはならないと思います。高校の地学の時にケプラーの法則というの習いました。もう一つの力とは何なのでしょうね。自分の頭では考えられないので、与えられたものとして、ありがたくこの地球で生きさせてもらうことにします。

8277
あおむし様

 こんにちは!

 僕も、PTAのたくさんの引継ぎ書類をパソコンでプリントして、ファイル閉じ作業をしているのですが、本当に手間と時間がかかるし、インクカートリッジもすぐに空になってしまいます…。

 でもまぁ、一昔前なら、こうした作業を自宅ではできなかったわけですから――、
 技術の恩恵のほうを感じながらするようにしています。

8278
丹後のきんちゃん様

 こんにちは!

 もっと大きい、太陽系全体がどのように運行しているかも、不思議なテーマです。
 さまざまな説があるようですが、少し以前に話題になったこの映像はなかなか面白いですね。

http://youtu.be/0jHsq36_NTU

http://youtu.be/C4V-ooITrws


 最初に見たときは、「天体がこんな妙な運行をするわけないのではないか。生き物じゃあるまいし」と思っていたのですが…、
 でも地球の周りを回りながら動く「地球共有軌道小惑星」(「第2の月」とも呼ばれる)は、そのような軌道なんですよね。

http://www.astroarts.co.jp/news/2006/06/16asteroid_2003yn107/index-j.shtml

8279
インク代
光奈さん、こんにちは。

今日はプリンターがいい感じです。
プリンターも乗ってきたのかもしれません。
パソコン同様、機械は操作する人の気持ちを反映しますからね。

話しは変わりますが、プリンターのインクの要交換のメッセージ
1回目は無視、2回目で様子見。いよいよ色がでなくなったら交換。
交換しないと故障の原因になるというメッセージに以前は怯えていましたが、
どうやら大丈夫そうです。もし壊れたら自業自得です(笑)。
ちなみに、要交換メッセージ後OKを押すと相当印刷できます。

インク代を気にせずにすぐに交換できたら、どんなに気持ちいいか。
旧プリンターでは純正でないインクを使っていたのでストレスフリーでした。

何だか笑えます。インク代で悩んだりストレス感じる自分が。

8280
あおむし様

 こんにちは!

 「インク商法」なんて言葉ができるくらい、プリンターのカートリッジ代は高コストですよね。

 ちなみについ最近、米国人ユーザーによるこんな告発が波紋を呼んだりもしています…

http://netgeek.biz/archives/50220

8281
光奈さん、こんにちは。インク商法、実感しています(笑)。
私の機種(キャノン)はメッセージを無視しても大丈夫ですが、
昔は動かなくなった機種もあったそうです。

今回、多機能プリンターのカラーコピーを大量に使ってみたのですが、
(パソコンを立ち上げなくてもOKなので)その結果、
コピーの方が時間がかかる、たぶんインクも多く消耗したと思われます。

とはいえ、出来上がってみると悪くないです。それなりの良さが。

元・超合理主義な私は、無駄なことをしたくない。
無駄なお金は使いたくないという思いが、時々湧き上がってきます。

この世に無駄はない。すべては良き着地点に辿り着く。
わかっているのに、このざまです(笑)。
何かをできることだけで最高に幸せなんだ、今はそういう気分です。

8282
初めて知りました。
『アナレンマ』というのですね。
神秘ですね!美しいです。。

物理とは 神の設計図を少しずつ紐解いていくこと
なんでしょうか。
少しずつ発見していうことの喜び(^.^)

8283
あおむし様

 こんにちは!

 生涯に支払うインクカートリッジ代って、たぶん累計で何十万円に上るでしょうね…。
 でも人生全体における数十万円って、けっこうゼロに近いものです。

 もちろん、お金のことを粗末に言うわけではないのですが…、そんな割り切り方もよくしています。
 細かいことが、あまり気にならなくなります。

8284
kotorin様

 コメントを有難うございます!

 本当に神秘的な美しさですよね。
 かのアインシュタインは、こんなスピリチュアルな言葉を残しています――

 「科学の探求に真剣に取り組む者はみな、宇宙の法則において精霊が現れていると確信する。人間をはるかに超越した精霊だ」

コメントの記入
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィル

Koudai Mitsuna

Author:Koudai Mitsuna
 
光奈 広大(みつな・こうだい)

 20年のあまりのサラリーマン生活を経て、いわゆる「ザ・マネーゲーム」を何とか卒業。今では束縛されない自由な日々を存分に味わっています!

 そうした中で心がけているのは、普通の日常的な行いを通じて、意識の進化を目指す「カルマ・ヨガ」。

 日々の喜びや学び、インスピレーションから得たスピリチュアルな気付きなどをブログで紹介しています。

 妻子と都内在住――。





http://facebook.com/koudaimitsuna

最近の記事
ツイッター
アクセス

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。