フロントページ   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトスピな散文  »  暗夜の前夜?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
 


 今回は、僕自身のかなり内面的な話です――


 親しい友人とかに何年かぶりに会ったときによく、「お前、あまりしゃべらなくなったなぁ」とか、「ずいぶんおとなしい人になったね」と言われ、かなり意外がられることがある。

 自分でもそれは自覚していて…、
 そう、以前の僕は、本当に機関銃のごとく早口にいっぱいしゃべっていた。

 とはいえ今も、初対面の人からは「面白いことをたくさん話されますねぇ」と言われたりもするから、一般的にはまだ「冗舌」な部類に入るだろう。
 せっかくその人と会ったのだから、相手に喜んでもらって、自分も楽しまなきゃと思い、話を弾ませることになる。


 でも以前は、そんなレベルではなかった。
 もちろん、いたずらにしゃべりまくるわけではなく、相手から「なるほど鋭いことを言うね」とか「それは面白いアイデアだ」と評価されることは、仕事でも役立つ有力な利点だったし、僕自身の「主たる個性」でもあった。

 でもそんな「かつての自分らしさ」は、この数年間で本当にどんどん消失してきている…。
 理由は、「頭脳の回転スピードが減衰してきたから(歳のせい?)」ともいえるし、あるいは「マインドの活動そのものが不活性化したため」ともいえる。


 自分の頭の中の様子を、意識的に眺めてみると――
 以前は、目の前の出来事や相手の話に常に反応して、頭の中にまず何らかの「発想のタネ」みたいなものがフッと生じていた。

 すると瞬時に、そのタネに呼び寄せられるように、関連するさまざまな考えが頭脳全体からわーっとわき立ってくる。
 そして、それらの考えが(まるで自ら意図を持つように)次々に自動的に関連付いてくっつき合い、思考活動や言葉が展開されていく、というような形だった。


 でも現在の頭の中はというと――
 周りの何かに反応して「発想のタネ」がフッと生じても、それは湯気のようにはかなく消えていったりする。

 以前のように「関連する考え」がわき出てきても、それらがくっつき合う意図やパワーがとても希薄だ…。


 こうした変化をありありと感じ始めたのは2年前からで、過去記事の「さようなら、わたし」でその感覚や思いについて書いています。
 当時は、「思考活動がこのペースで鈍っていくと、ブログも近いうちに書けなくなるかも…」と思っていたのだけれど、こうしてまあ何とか今まで続いてきております。


 マインドが不活性になることで、余計な思考や反応パターンに巻き込まれずに済むことは、「生きやすさ」の面でとてもメリットがある。
 でも、以前のように頭をフル活動させながらバリバリ仕事をするのは難しいだろうし、「かつて自分らしさ」が消えていくことには多少なりのさみしさも感じるものだ。

 きっとこのブログを読んでいる方の中にも、同じようなプロセスを経験されている方がいらっしゃるのではないかなとも思う。


 過去記事でも紹介したけど、OSHOはそうした頭の中の変化について、次のように語っている――。

 もし言葉の代わりに静寂がやって来るようになったら、人はハッピーになっていい。祝福されたと感じていい。
 前に来ていたのに来なくなった言葉を心配することはない。何か別の途方もなく価値のあるものが、なたにやって来ているのだ。
 あなたは、まだそれを認識していない。


 で、ここからが本題といえるのだけれど――
 実はこの数カ月のうちに、思考活動がさらに一段とガクンと低下した印象だ。

 マインドが静まることによって、「祝福」された感覚が訪れるのかというと、そういうわけではぜんぜんなくて――、
 むしろ逆に、とくに理由のない「胸の苦しみ」が、日に日に強まってきている…。

 これには僕も弱ってしまう状況で――、
 ちょっと大げさに表現するならば、「生きることの手詰まり感」というか「完全に孤立しきった無力感」というか…、闇に覆われていく中で、むしろその闇からずっと抜け出したくないような、何とも動きようのない状況である。


 まぁ、そんな内側の様子に関心を向けて観察していられるぶんには、「まったく大した状況ではない」と言えるかもしれないけれど…、
 きっとこれについても、同じ経験をされている方もいらっしゃるのではと思い、続きを次回に書きたいと思います――。



結びのヒーリング・ミュージックは、Llewellyn「A Glimpse of Paradise」。
web拍手 by FC2
  ☞ コメント:21

 
次の記事→
暗夜の前夜? のつづき
←前の記事
内なる春
コメント
9098
同じです
こんばんは。

お久しぶりです。
今回の記事の内容、というより広大さんと同じような状況です。

ほとんど同じです。
会話から内部の闇にかけても。


9099
tao様

 お久しぶりです。コメントを有難うございます!

 そうなのですか。やはり同じ方がいらっしゃるのですね…。
 本当にヘビーですけれど、これは癒やしたり浄化できるものとは根本的に違うようにも感じます。

 とにかく「くぐり抜けていく」しかないのかなと、とらえています。

9100
ズバリ、光奈さんご自身の(思考?存在?)エネルギーが「変容のとき」を迎えていらっしゃるのではないでしょうか?

まだ少し残っていた古いエネルギーが、脱水機にかかったみたいにどんどん搾り取られているのでしょう。
「手詰まり感」や「無力感」は、たぶん
変化を恐れる自我(集合意識などを含む)が最後の抵抗(悪あがき)しているってことかもしれませんね。
「夜明け前が一番暗い」とも言いますし。。。

でもきっと、古いエネルギーがすっかり抜け落ちたあとは、乾いた新しいスポンジのように「新生光奈さん」に合った新しいエネルギーで満たされるはず♪
新しいエネルギーに満ちた光奈さんの誕生が近いことを感じて、私までわくわくしてきました~♪ v(^-^)v
新しいエネルギーをまとった光奈さんの記事はどんなのか・・楽しみにしています♪

9101
私も同じかも。

最近、闇というほどではないのですが、
何か重苦しいというか、得体の知れないものに包まれる時があります。

集合意識のせいなのか、自分の中の浄化のせいなのか、それもわからず、
暗いというほどでもないどんよりとした何かが時々私を包みます。

機関銃のように話す、私もそうでした。今も時々。
昔も突然に、饒舌ではない自分もやってきていましたが。
頭の中で色々つながる様子、私も同じだったような。
私も頭の回転が速いとか、頭が切れるとか、やり手とか言われました。

以前のような情熱を絵手紙に向けられない私もいます。
初心を忘れたからでも情熱を失ったわけでもなく、
語るということにエネルギーを注げなくなっているからかも。
でも、絵手紙は好きです。描きだすととても楽しいです。

次回の記事とても楽しみです。

9102
先程の続きです
こんばんは。

先程のコメントの続きです。
本当は以下の様にコメントするつもりだったんですけど、長いかなと思い、省きました。

ちょっとシンクロっぽい気がしたので載せますね。

※※※※※
こんばんは。

お久しぶりです。
今回の記事の内容、というより広大さんと同じような状況です。

ほとんど同じです。
会話から内部の闇にかけても。

キャロライン・メイスの本や他の著者の本を読んでも、皆同じ様に何かを超える際に内部の闇と対峙しているんですよね。

闇と対峙している際、過去の経験そのものや感情の囚われ、また思考の解放に苦しんでいたんですが、久しぶりに耳元で声が聞こえました。

声が降ってくる感覚とは別に、音で聞こえる時が稀にあるんです。
その時に聞こえたのは「あんがと」という言葉。
ありがとうの方言で祖母が使っていた言葉なんです。
どんな体験であろうと、「あんがと」精神で自己成長の為の体験なんだとは頭では理解しているんですけどね。

思考に支配されている時は、ちょっと無理でも思考が止んで、自分が大気に溶け込んでいる時には漠然とその理解の中にいる感じになります。

シフト中なんだろうなっていう感じです。

キャロライン・メイスさんの本を読んだ後、最近、サイババさんのシンクロが起ってるので、サイババさんについてちょっとアンテナを立てておこうと思ってます。


※※※※※

本当に結構、しんどいです。
でも、皆さん同じなんだなって思うと楽になります。

年末に山川亜希子さんに助言を頂き、高江洲さんの本を読んでいます。その時も、そして高江洲さんの本を読んでいる時もサイババさんのシンクロが起こっているので、彼の愛の凄まじさに驚いています。

9103
じゅりあーの様

 こんにちは!

 これまで「変容」という言葉を、進化とか浄化とかとあまり区別なく使ってきたのですが…

 変容というのは、これまでと別のものになるということで、やはり「大仕事」なのでしょうね。

9104
あおむし様

 こんにちは!

 得体の知れない「どんより」は、来ますよね…。
 でも常にワクワクして喜びを感じているのが「正しい」わけではなくて、そのどんよりの感覚と向き合い、その状態を通過していくことも必要なのでしょう。

 またそんな中でも、日常の役割をこなし、楽しみを見いだすことは、本当に大事だと思います。

9105
話がずれてしまったけれど
長々と三度、失礼します。

思考から離れた時に、無欲感に似た状態に陥ることがあります。
この先その感覚に囚われ続けても困るなという思いもあり、また何なのか分からない怒りや憤りに似た、うまく表現できないモヤモヤした感覚がハートチャクラのあたりで存在感を増すのです。鬱とは違った体の変化やコントロールの不便さ。

更年期に入る前のホルモンの変化なのか、人によっては放○能の影響だとか、そうではなくシフトの前触れなのか。。。様々な可能性があってよく分からなくなっていました。
車のメンテナンスの問題なのか、乗り手の問題なのか。

また、体調がコントロールできないと、そのモヤモヤに似ている思考が引っ張られて、再び自分のなかの闇と向き合い学びが起こったりします。

思考は引き寄せると言いますが、漠然とした社会の怒りみたいなものを意識してしまうと、そのなかにある特定の思考を読んでいる(というより見てしまう?)感覚に陥ります。

うまく表現でいないのがもどかしいのですが、最近は本当に以前に無かった感覚に困っています。
そして、会話がかみ合っていなくて、ごめんなさい。

9106
私事ですが
去年から~「かっての自分らしさ」を思い出せません

「生きることの手詰まり感」
「完全に孤立しきった無気力感」を感じながら
ごまかし、ごまかし、今日の日(義母の一周忌)を迎えました。

医学が発達して、普通に死を迎えられないこの時代
何のため、誰のための看取りビジネスか、わかりませんが・・
延命のため、体の一部を切断した5日後、亡くなった義母

去年のお通夜、聞こえた義母の声を伝えた後の
義妹や子供たちの泣き叫ぶ声

孤立どころではない、子供たちの前で、義妹から縁を切ると責められ、主人からは、暴言を吐かれ

それでも、自分が言っているのではないと言い張る始末

時間が解決してくれたのか・・義妹の協力あっての法事でしたが、あの日以来 末娘は、主人の実家に入りません

 余計な思考や反応パターンに巻き込まれずに済むことは
「生きやすさ」の面でとてもメリットがある  納得です

(縁を切る!)言われた言葉を外に押しやるには、静寂しかありませんでした。
娘からは「小学生で人生諦めた(霊の声が聞こえる母親をもって)」と言われると 笑うしかありませんでしたが・・

 言葉を考えるより 黙っているほうが、想いが伝わることもあると思います

9107
年齢的な事(男性の更年期障害)もあるかも知れませんね。すみません、現実的で。

私も更年期突入の年齢の時、事情があって会社勤めをやめました。

するとやっぱり日々の緊張感も無くなるし、人と話す(思考を働かせる機会)が極端に減り、言葉が出て来なくなりました。

でも又仕事を始めると、やっぱり昔の自分に戻り、よく喋るようになりました。
でもやはり年ですね、疲れやすくはなりました。

又経験が増えると、何か新しい出会う時の新鮮さが無くなり、心が躍動(運動)する事も減った分、反応は鈍くなったと実感します。

でもその分深さが出てきて、優しさや思慮深くなった(どんだけいい加減だったのか?!) と言われるので、まあ年を取るのもかっこいいな〜と嬉しく思ってます。

9108
楽しみですね!
同じような感覚になったとき、私の場合は
『虚しさに似た孤独感』のように感じていました。

なにかがやって来る兆候だと思います。ヽ(*´v‘*)
高密度へのエネルギー変容?
守護天使の交代?

いずれにしても、意識の進化過程だろうと思います。
産みの‥‥鈍い圧迫感のような状態の先に、
新しい広大さんが生まれるのだと思います。

うれしいですね!
楽しみです!

9109
tao様

 こんにちは!

 「あんがと」というは、素朴な感じの面白いメッセージですね。
 身近なものとして受け入れなさい、ということなのでしょうか。

 無力感やモヤモヤは、おそらく「なおすべき問題」というわけでは必ずしもなくて――、まさに、向き合うことによって学ぶために起こっていることのようにも感じます。

9110
T様

 こんにちは!

 本当に色々と大変なご経験をなされていらっしゃるのですね…。


 もちろん「静寂」といっても、相手との壁を作るように遮断してしまったり、言葉を口にせず押し黙っているわけでもないです。

 自分の思考でも、あるいは見えないところからのメッセージであっても、そのまま受動的に巻き込まれてしまわずに、いったんはじっと眺めることは大切なのでしょう。

 その結果「静寂」がやって来れば、意識的にそこにとどまる、ということかなと思います。

9111
匿名様

 こんにちは!

 加齢をそのように受け止められるのは、とても素敵なことですね。

 僕の場合、男性更年期障害の影響は、確かにあるかもしれないなと思っています(簡易チェックでは、それほどの症状ではなかったですけれど…)

 そうしたごく一般的な体調不良や病気をはじめ、偶発的な事故、さらには人間関係や経済的トラブルなどを伴いながら、その人にとっての「必要なプロセス」が進んでいくことが多々あるようにも思います。

 あまりこじ付けや、深読みのし過ぎは良くないでしょうけれど――、人生の出来事は、きっとそうしたプロセスの一部として起こってくるのでしょう。

9112
風子様

 こんにちは!

 自分でも本当にどうにもできないし、不思議ですね。何が始まっていくのでしょう…。

 さなぎになる前の幼虫とかも、このような「これまでとは違う、心地良くない」感覚なのでしょうかね?

9113
Koudai Mitsunaさま
いつも興味深く読ませていただいています。
ありがとうございます。

>「生きることの手詰まり感」
>「完全に孤立しきった無力感」
これを感じてしまうのは追いつめられた自我=思考ですね。

いよいよチェックメイトの時が訪れているのかもしれません。
大いなる背景が発するOSHOの透察には救われますね・・
このあたり百もご承知の光奈さんによるつづきの記事が楽しみです。
はじめてコメントしました。よろしくお願いいたします。

9115
光奈さん、こんにちは。雪が積もりました。

我が母は自分の母親や夫を責める気持ちを手放せません。
何かのせいにすることで、不平や不満を持ち続けているようです。

(私にとっての)祖母や父との過去お話しに触れられると、
急にケンカ腰の口調になります。

そんな時に、私はいつものように色々語ってしまいます。今朝もそうでした。
疲れを感じつつも、これもお役目かもと。

母は優しくされたり、ほめられたりすると黙ってしまいます。
嬉しそうでもなく、なんだか居心地悪そうです。
父に刃向っている時が一番元気そうでした(笑)

母に、父と楽しく話したり、父に苦労話を聞いてもらったことがあるのか
と訊いてみましたら、ないということでした。

口うるさい私という存在が登場して、
母は人生で初めて本心をえる機会を得たのかもしれません。

母と話すと疲れることが多いけれど、
それが私自身のためにもとても大事なことに思えます。
とはいえ、もうあまり話したくない気分です。
言葉以外で母への感謝とかの思いを伝えていくのが良さそうです。

目の前の母には伝わらないかもしれないけれど、
本当の母はずっと前からわかってくれていたはずですから。

昨日の拍手でドクダミ、今日の拍手でフクジュソウでした。
何だか意味深です。

時折どんよりとした気持ちが襲ってきても、
もはや考えられないというか、悩めないというか。
私の場合、光奈さんと違って、つらい思いはほぼないです。

さらに、話すべき場に行けば、ハキハキと的確に話しています。
相手の言葉だけではなく、色々な情報が入ってくるというか、
感じられるというか。言葉なくてもわかってしまう感覚が増しているような。

すべては思い込みかもしれませんけど。

9117
こんにちは。shantyです。

とても共感したので、コメントさせていただきます。
自分の存在価値をどれだけ高めるか。とうことに注力して生きてきたのに、わたしもここのところ、kodaiさんと同じような状況になってきています。書くことなくなってきたなあ・・・。話すこともそうないなあ。。。と。

でも内側で完全に祝福されているという感覚は、今まで自分の外側からの賞賛や、自分に影響を与えていると感じていたすべての外部の力の存在などないということが理解できた証拠だと思って、ひたすら静寂に包まれています。

それでも、何かゴールを見つけないと。というエゴのわたしは相変わらず一方では元気なのですが・・・
 
そういう感覚を共有できて嬉しい!と思ったので、文中のOSHOのセンテンス、KODAIさんのブログをわたしのブログで紹介させてくださいね。よろしくお願いします(^_^)/

9118
rusland様

 初めまして。コメントいただき嬉しく思います!

 何が訪れてくるのでしょうね…
 何かを恐れてもいけないし、何かを期待するのも無意味でしょうから、ただゆだねているしかないような感じです。

 このOSHOの言葉は、本当にとても助けになります!

9120
あおむし様

 こんにちは!

 色々と「言い尽くす」ことによって、未消化の人生経験をきれいに「浄化している」と言えるかもしれないです。
 それはお母様にとってだけでなく、人類全体にとって大切な浄化でしょう。

 僕の妻にもまさに同じような傾向があって…、聞き役はやはり大変ですけどね。

9121
shanty 様

 こんにちは!

 いま転換点を迎えられている方って、多いと思いますね。
 外から内へ、にぎわいから静寂へ――

 ブログの紹介などは自由にしていただいて結構です!

コメントの記入
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィル

Koudai Mitsuna

Author:Koudai Mitsuna
 
光奈 広大(みつな・こうだい)

 20年のあまりのサラリーマン生活を経て、いわゆる「ザ・マネーゲーム」を何とか卒業。今では束縛されない自由な日々を存分に味わっています!

 そうした中で心がけているのは、普通の日常的な行いを通じて、意識の進化を目指す「カルマ・ヨガ」。

 日々の喜びや学び、インスピレーションから得たスピリチュアルな気付きなどをブログで紹介しています。

 妻子と都内在住――。





http://facebook.com/koudaimitsuna

最近の記事
ツイッター
アクセス

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。