フロントページ   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト生活の色々  »  アメリカのアニメさまさま
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
 


 この数日、息子の大学受験やら、役員をしているPTAの最後の行事やらで、ややあわただしく過ごしていました。

 肝心の息子の受験のほうは――、幸いにも第一志望校の合格が先日決まり、ありがたいことに早々と見通しがついた状況です。


 全国的にはそれほど有名ではないけれど、語学教育で伝統と定評のある中堅私大で、息子の学力レベルからすると「ちょっと厳しいかな…」と思っていたところだ。
 しかも第二、第三志望のほうは落ちたのに、いちばん可能性が薄いはずのいわゆる「看板学部」に受かった。

 息子は文字どおり欣喜雀躍しているし、こんな受かり方もあるものだなと不思議な感じですね。
 つい数日前まではネガティブに「どうせオレは入れる大学がなくて浪人だ」と、塾にも行かず、受験勉強にもあまり身が入らずにくすぶっていたことを考えると…、ま、結果的に「上出来」と言っていいでしょう。


 まだこれから有名私大の受験・発表がいくつか残っているけど――、当人は「あとは受かっても受からなくても、どちらでも全然かまわない」という、もはや気楽なおまかせモードになってしまっております…。


 もともと息子は、未熟児で生まれて体がとても小さいながらも、幼少のころはすごく明るくて利発な子だった。

 ところが、重い鬱を患った妻から虐待を受けたり、小中学生のころは校内でひどいいじめに遭った――。
 そうした状況の中で、だんだんと子供の「ハートが閉じていく」様子を目の当たりにするのは、親としてとてもつらい経験だった。

 成績もかなり下位レベルに落ちていき、かろうじて不登校にはならなかったものの、「学校に行きたくない」「進学したくない」としょっちゅう口にしていた。


 そこで高校への進学のときは、いじめのなさそうな、なるべくおっとりした(アンビシャスな感じでない)校風のところを選んだ。
 高校生活の3年間で、息子は親しい友達を1人も作ることができなかったけれども…、でも、ほとんど休みなく授業に出席するだけはちゃんとしてくれた。

 で、部活もせず、友達もいないため、あり余った時間をずーっとネットを見て過ごしていた。
 そうしているうち、アメリカのアニメに興味を持つようになった。

 その趣味はどんどんマニアックな方面に突き進んでいき、日本語吹き替えや字幕もない英語のままの「おたく好み」のアニメ作品を、来る日も来る日も深夜まで集中して見ていた。
 気に入った作品は、同じものを何度も繰り返して視聴していたようだ。

 すると、思いがけないことに、英語の成績だけがいつも間にか校内上位に上がっていった。


 そうして好きなものを見ながら身に付けた語学力で、自分の志望校に合格できたわけだから――、過去からの経緯からすると、「ベストの結果がもたらされていった」くらいにとらえていいでしょう。

 本当に人生は、何がどう幸いしていくのか、分からないものだ…。
 親としては、「アメリカのアニメさまさま」という感じ。


 進学先が決まったら引っ越すことも考えていることから、息子はいま、以前から机にたまっていた不要な紙や冊子などをバッサバッサ捨てて、思い切った片付けを進めている。

 何だか、「動のエネルギー」が訪れてきた感じですね。



 結びのヒーリング・ミュージックは、Essential Guide To Yoga Celtic Chillout 「Walking Eden」。
web拍手 by FC2
  ☞ コメント:65

 
次の記事→
漂っています
←前の記事
無我は無情か
コメント
9181
おめでとうございます。
たっぷりと、養分を蓄えた球根が、地面すれすれに、みずみずしい新芽をスタンバイさせている様な、そんな光景が感じられました。
ありがとうございました。

9182
息子さん
大学合格おめでとうございます。

気長に待ち続け、見守り続けたからこそですね。

高校進学の事について、
家の子どもも 不器用な方なので、
親が行く先をある程度考えてあげる事も必要ですね。

英語のアニメは、
なるほど
ス○―ドラー○ングじゃないですか。

9183
息子さん おめでとうございます。
新たなスタート! 体に気を付けて、大学生活 楽しんでください。
お父様も お母様も、お疲れさまでした。

9185
uniqle様

 こんにちは!
 素敵な表現をありがとうございます。

 芽吹いて美しく咲くことができれば、本当に嬉しいですね。

9186
cael様

 ありがとうございます。

 レベルはともかく、あるていど面倒見のいい私立高校に進んだことは、やはり大事だったかなとも振り返ります…。
 
 英語のアニメの場合、ヒヤリングの能力はものすごく伸びるのですが――、単語の語彙にかなり偏りが出てしまうのと、受験のための文法知識はほとんどダメなのが問題点ですね。

9187
3人娘のママ様

 ありがとうございます。
 弁当を作ってきた甲斐がありました。

 うちの息子はバンザイして喜んでいますが…、同じ大学に、受験に失敗したという挫折感を抱えながらしぶしぶ入ってくる子も大勢いるでしょう(そういうレベルのところですし)。

 本当に、人生のプロセスや感じ方は、人それぞれだなと思いますね。

9188
すてきですねぇ!
広大さんの、息子さんへの眼差しが素敵ですねぇ。
必要以上に干渉はせずに、しっかりと『愛する』。

息子さんの方も、なんやかや言いながら、
広大さんの心を受容している。

父子の気持ちが以心伝心したような‥‥。
さわやかな結果に心打たれました。

9189
大学合格、おめでとうございます。

進学、新居への引っ越しってやはり「動のエネルギー」はワクワクしますね。

我が家の上の子三人はなんとかそれぞれの道を歩きはじめていますが、現在高校一年生の次女は私の目から見て、夜明け前の暗闇を歩いているような感じです。
誰にぶつけていいか解らない原因不明の怒りを常にその奥に潜ませていて、まるで「手負いの虎」状態。
その怒りは多分、彼女が5歳から8歳までに経験した両親の泥沼離婚劇にも一因があるのかなと思います。

長男が高校生の時も、こんな時期があったので初めての経験ではありませんがその姿を見るのはやっぱりなかなかつらいものですね。
親を無視している分にはいいのですが、時々「私が生きてる意味あんの?」といきなり刃を突きつけてくる時も。(『刃』は比喩ですよ^^! 念のため)

普段は見守っているだけですが、そうやって話しかけられると出来るだけさりげなさを装って私がこれまで経験したことなどを話そうとすると
「お母さんもつまんない人間だね」と言い放ち自室に籠る・・・

(ガッツリ語って少しでも手助けしたい!!!!)っていうこちらの意気込みをそのスルドイ嗅覚で嗅ぎ取ってあっという間にまた手の届かないところに逃げられ、一人残された私は苦笑い・・・ということの繰り返しです。

そのうち、彼女のタイミングでバイロン・ケイティさんのワークにでも出会ってくれないかなぁ

今回の記事は一触即発の危機をつねにはらんでいる我が家にとって、しみじみ嬉しい話です。
息子さんも、つらかったり(お先真っ暗だ)なんていうところを経験されたのだろうな・・と。
そこからその足で広いところへ出て行くんですね。
色んな意味で「ばんざーい!」

9190
光奈さん、こんにちは。

昨日、千葉に住む妹がやってきて
今日は母とその妹の誕生祝い(どちらも2月生まれ)ランチです。

息子さん、合格おめでとうございます。
近所に住む姪っ子に昨日会えたので、10日の受験について訊いてみたら
出来が悪かったようで、冴えない顔していました。
第1志望受験前に、そういう経験ができてよかったのかも。

今回の記事を読んでいたら、私まで嬉しくなりました。
本当に人生は面白いですね。幸いはいつもそばにある。

9191
フクジュソウ
拍手、福寿草でした。

拍手の時のお花、最近はサクラソウとかフクジュソウ多いです。
大好きなドクダミも時々出てくれてますよ。

9193
おめでとうございます。
貴兄の辛い中にもずっとあった息子さん(人)へ信頼と深い慈愛が実った気がします。嬉しさが伝わってきます。
私は半世紀前に三浪して人生の私なりの地獄を味わった気がしましたが、振り返ると一番鍛えられた時期だったと思います。これがあっての今があると思えます。霊性の道を真剣に歩めたのもこのお蔭です。喜びを分けて頂いて有り難う。

9194
光奈さん、こんにちは^^

息子さんの大学受験合格おめでとうございます!!

第一志望に合格なさったことは今までのご苦労からすれば、より一層大きな喜びを感じられる出来事ですね♪


9195
ディズニーのアニメを観て英語を覚えた?とてもよい事だと思います。
自分は手塚治虫とウォルト・ディズニーをアニメの神様だと思っています。
ただ、双方とも娯楽性に富みながら、内容は手塚治虫の方がより思索が深い!
「自分の本質は実業家で、Mr.テヅカは哲学者だ」と彼が晩年に呟いた。とか。

9196
おめでとうございます。
ご子息の大学合格、おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。今までの様々な出来事が何一つ無駄ではなかったと、実感されているのではないでしょうか。これからも色々な出来事があるのでしょうけれど、いつもご子息に関心を持って生きてくださることを信じております。私まで幸せな気分にしていただきありがとうございます。

9198
息子さん、我が家の長女と同級生ですね。
我が家も同じような分類の大学に進学します。気持ちは突っ走ってます。

9199
合格おめでとうございます^^
先が見えないときは誰でも不安で、
これから進んでいく道が用意されているなんて思えないけれど
実は、大学とか、就職とか、結婚とかは、たぶん、
おおまかに(順当に行けばそうなるように)決まっているんじゃないかと思います^^
その時点では「なんでこんなことに・・・」なーんていう出来事も、
ずっとあとになって振り返ってみたときには
あれがあったからこうして、こうなって それでここに来たんだね。。。って
途中の細かいところはいろいろアレンジがきくとは思いますが
人生に大きく影響を与える出来事(要所要所)だけは、ちゃんと完璧なシナリオに従って進んできたんだな、って思うことは、きっと誰もが実感していることなんじゃないかと思います。
これから息子さんの人生に現れる一見無関係とも見える点と点が
どうつながってどんな方向へと進んでいくのか、
親として(ちょっと第三者的な立場でものを見られるので)楽しみですね^^

9200
あおむし様

 こんにちは!
 うちの妻も2月生まれです。
 
 「出来が悪かった」と自らをかえりみられる人は、とても優秀だと思いますよ。
 いい結果をお祈りします!!

9201
シュウタ様

 ありがとうございます!

 三浪をなされたとは、大変なご経験ですね…。
 僕の高校時代の恩師が三浪経験者で、その人生経験があってか、後にテレビなどで大活躍されています。

 ブログの初期の記事で、そのエピソードを紹介しています。
http://mitsunakoudai.blog.fc2.com/blog-entry-53.html

9202
真知子様

 ありがとうございます!

 大学に入ることなんか単なる通過点、と考えていたのですが…

 親にとっては「子供の大学進学」が、思っていた以上に感じるところのある節目なのだな、ということが分かりましたね。

9203
sado jo様

 こんにちは!

 逆のケースで、日本のアニメを好きになった外国人が、それをきっかけに日本語を学ぶようになったという例は多いですよね。

 手塚治虫は将来、千円札の肖像になるのではと思っています。
 アニメ文化はもとより、アトムにあこがれてロボット工学の道に進んだという著名エンジニアもいますから、その影響力は本当に偉大ですね。

9204
ギャラリーオーナー様

 ありがとうございます!

 大学生活で、親しく話せる友人を何人か作ることができれば嬉しいですね…。

 息子の様子を見ていると、志望校に合格できたことで、ふさいでいた気持ちが解放されてきているようで、それはとても大切なことだなと思います。

9206
aihitotubu様

 こんにちは!

 へーっ、同級生ですか。
 うちの息子も、心が浮き立っている感じですね…。
 高校生にとって志望大学って、「あこがれの新天地」みたいなものですから。

9207
じゅりあーの様

 ありがとうございます!

 息子にとって小中高校生活は、ほとんど楽しく振り返ることのできない経験だったわけですが――
 それが「完璧なシナリオ」と自ら思えるときが来れば、本当にありがたいですね!

9208
息子さん、大学合格おめでとうこざいます。あたたかく息子さんを見守っていらしたKoudaiさんも凄いなあと思います。外国人が日本語を覚えるのにドラマやアニメを観て覚えたというのを耳にした事がありますが、その逆パターンですね~。Koudai さんが選んだ音楽に癒されています。いつも私の拙いブログに遊びにいらして下さってありがとうございます。

9209
志望校合格おめでとうございます!
光奈さんの息子さんのことは、
ずっと心に引っかかっていたので、
他人事ながらほっとしました^^

9210
光奈さん、こんにちは。
今日の拍手もフクジュソウでした。

姪っ子が浮かない顔をしていたのは、
某理科系大学が不合格だったからのようです。

その大学で思い出すのは、兄、姉、本人が三浪して大学に入ったという
高校時代の同級生のこと。
彼女は獣医を目指していたのですが、不合格でその某理科系大学へ。
どこかの研究室に就職。今では良きお母さんしています。

もう少し年を取ったら、仲良しだった同級生に会って
色々話してみたいです。きっと誰からも面白い話しを聞けるでしょう。

姪っ子の母(私の妹)も、すべり止めに落ちて第一志望に合格。
姪っ子もそうなればいいですが・・・。健闘祈るだけです。

9211
お久しぶりです。こんばんは。
息子さん大学合格おめでとうございます。
「思い切った片付け」いいですよね!
読んでいるこっちも気持ちが良くなります。
気分もすっきりするし、そこには迷いもなく目指す未来が見えているのでしょう。


9212
この度はご子息の大学ご入学、誠におめでとうございます。

息子さんがアニメを助けにして英語学力を養われたことは確かではありましょうが、そのことに気付くことのできる、光奈さんの暖かいまなざしこそ、また素晴らしいと思います。
人によっては同じ状況に出会い、「あれほどアニメばかり見ておらねば、より良き大学に入り得たものを」という見方をする場合だって、結構多々あるのではないかなと思うのです。

光奈さんは、コメント者に対してもいつも優しいですが、普段家庭においても同様に、大変に優しい目線で家族を見ていらっしゃるんですね。

ご子息の前途益々のご多幸と、ご家族皆様方のご隆盛を心より祈念致します。

9213
(誤)ご入学
(正)入試合格

9214
おめでとうございます^^
お久し振りです~~~
息子さんの大学入試合格
本当におめでとうございます!!!!!
息子さんは勿論のこと、
広大さん奥様にとっても、
新しい何かが待っていますね~~~

私は外国人の母として学校との
関わりで悩んでいたので、広大さん
の息子さんの嬉しいご報告に元気と
勇気を頂きました!!!!!!!
私も私らしく頑張って子育てしなくちゃ^^


9215
おめでとうございます
息子様の大学ご入学おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。お父様のお喜びはいかばかりでしょう。実は私の娘も不登校時代があり、一時苦悩した時期がありました。小中学校約7年の空白期間がありました。しかし、娘は夢に向かって突然変貌し始めました。自分で高校を選び四年かかって卒業しました。そして上京、東京の専門学校を卒業し就職。今まさに夢を実現し幸せの真っただ中にいます。仕事が忙しく毎日10時11時12時ごろになる事もしばしば。。。でも楽しく働いています。今が一番キラキラしています。その夢の源は、家でくすぶっていた時に毎日描いていたイラストなのです。夢の種があれば必ず芽がて来ます。必ずいつか花が咲きます。本当におめでとうございます。

9217
パートナー
おめでとうございます。
そして、ありがとう。

オレは、昨夜、夜中2時まで、暴れまくるパートナーにつきあわされ、虐待されてました。
背中を叩かれたり。ほっぺたを抓られたり。
しね、とか言われたり。

まあ、しょうがない部分もある。
原因の一部はオレにあるんだし。

それから、パートナーも、学校の役員をしてて、明日、行きたくない、って、言ってて。オレは、学校の行事に出るのが苦手だから。彼女に任せっぱなしだから、何も言えないんだ。

9218
おめでとうございます!
本当にお疲れ様でした。
心からお喜び申し上げます。
息子さん、立派になられるといいですね。

9219
ルナのはは様

 ありがとうございます!

 知人の女性で、ブームだった「冬ソナ」をきっかけに、韓国語を学んだ人もいます。

 その人は本業がピアノの教師で、今は韓国人に韓国語でピアノを教えているそうです。
 人には色んな契機があるものですね…

9220
Korva様

 ありがとうございます!

 お気にかけていただいて、嬉しく思います。
 息子の歩みも、少しずつ新しい展開へと向かっているのかもしれません。

9221
あおむし様

 こんにちは!

 最終結果が出そろうまでは本当に分からないものですし、ご健闘をお祈りします!

 息子は、最初の試験がたまたま第一志望校で、幸いにも合格だったのですが、以降は不合格を連発しています…。
 きっと不本意な結果も、すべては導きに違いないでしょう。

9222
45F様

 お久しぶりです。ありがとうございます!

 アルゼンチンで年末の仕事納めの日に、いらなくなった書類をオフィスの窓から投げ捨てるという風習があるそうですが、あれはすごく気持ちいいでしょうね。

 息子もそういう気分なのでしょう。

9223
息子さん、合格おめでとうございます。
様々な事情の中で、心を噛みしめながら、抱きながら見つけて行く光。
その光が、何処を指さしているのかは見えないけど、こんなに素敵な合格のように・・・アニメへの誘導も大いなる愛の導きだったように・・・。
勿論!その導きに素直に流れゆく息子さんの魂ですよね。
お父様の深く、大きな愛情を感じます。
息子さんの、優しさ、強さも感じます。
大きな癒やしを頂いた感じです。

9224
オサムライサン様

 ありがとうございます!

 息子がずっとネットのアニメばかり見てしていたときは、僕も、決していい顔していたわけではないです…。

 でも、あまりにも息子が心底面白そうに楽しんでいたら、そのまま放っておいたのが結果的に良かったのかなとも感じますね。

9225
Loo様

 お久しぶりです。ありがとうございます!

 妻も本当に喜んでいますが、ちょうど本人も仕事が変わったりして、気持ちが少々不安定です(そういうのは僕も慣れてますが…)
 妻のほうにも、ぜひ新しい展開が訪れればと願っています。


 息子は外国語学部に進むため、第2・第3外国語のカリキュラムもあるようです。
 さっそく簡単なハングルの参考書を買って来て、「文字は読めるようになった」と言っています。

9226
鈴音様

 ありがとうございます!

 7年間の空白というのは、本当に長いですね…。
 その間に、親として見守られてきたことも、大変なご経験だったと思います。

 でも、まさにその時期があったからこそ、お嬢さまは今につながる道を見いだせたのでしょう。
 そうして見いだしたものは、揺るぎないはずです。

9227
ゴリラパパ様

 ありがとうございます!

 僕も、妻の鬱症状が深刻だったときは、まさに魔物と暮らしている気分でした。
 ゴリラパパさんのおつらいご様子や気持ちは、本当に分かります…。


 そうした家庭の中で、最も心の傷を負っていたのは、やはり子供のほうだろうと思います。

 僕自身としては、やはり子供を信じること、そして自分の目の前の現実の展開を信じることは、本当に大事だなと思いました。
 信じていることで、やがて子供自身が、自らの進む道へと導かれていくように感じます。

9228
ふがいないぼくはつぶやく様

 ありがとうございます!

 とりあえずは、大学生活で親しい友人を作ってくれればと願いっています!

9229
風子様

 こんにちは!

 コメントをすぐ返信したはずが、うまくアップされていませんでした…。

 僕自身も高校生当時を振り返ったら、親に干渉してほしくはなかったですしね。
 とくに男子も場合は、誰でもそうでしょう。

 そういう自分のことも思い出しながら、余計な口出ししなかったのは、良かったのかもしれないです。

9230
fujiwara様

 ありがとうございます!

 すぐ返信コメントを書いたはずが、うまくアップされていませんでした…。

 うちの息子の場合も、家庭生活で多くの心の傷を負っています。
 反抗期のときには、ほんとうにキツイ言葉ばかり親に浴びせかけてきましたね。

 でも、僕は妻の鬱で慣れていたため、そういうことに余計な反応をせずに、多少はうまく聞けていたかなと思います。


 僕からは特に言いませんが(このブログの存在を息子は知りませんが)、やがては息子自身がしかるべきメッセージに巡り合い、大切な気付きが起こればと願っていますね。

9231
マコ様

 ありがとうございます!

 息子の見ているアニメの中身までは僕もよく知らないのですが(何しろマニアックなものなので…)、
 でも息子は、英語のヒヤリングだけでなく、そのアニメの話の中身からも、何らかの心の影響を受けているらしいです。

 ま、日本やディズニーのアニメから大切なメッセージを受け取る人もいますから、それもまたいいことですよね。

9232
光奈さん、こんにちは。

友達はいなくてもいい、というのが今の心境ですが、
それは私が50代で、既に良き友に恵まれているからかもしれません。

息子さんに必ず良き友ができますよ。
さらに、良きパートナーにも恵まれる。そんな気がします。

現在中学2年生の姪っ子は、以前はよく泣いていたそうです。
最近は泣くこともなくなって、元気に学校に通っています。
母である我が妹は、学校へ行ってくれるだけで満足と言っていました。
保健室の先生をしている妹なので、不登校などの現実を知っていて
フツーに学校へ行くことの有難さを実感しているのかも。

光奈さんの息子さんのことを思ったら、涙が。
これは何の涙でしょうか。うれし涙かな。

9234
息子さんの合格、おめでとうございます!
大学に入って好きなことを学び得意分野を極めていく過程で、よき友人となるひととの出会いがあるといいなと思います。
息子さんの未来に幸あれ。

9235
光奈さん、こんにちは。
拍手をしたら大好きなドクダミが。
去年はドクダミがあまり咲かない年でした。
今年は元気にたくさん咲いてほしいです。

私も思い切ったかたづけを進行中です。
来年のリフォーム(予定)の前に「絵手紙部屋」を作ることに。

4月から私も新たなスタート切れそうです。

9236
あおむし様

 こんにちは!

 お気に掛けていただいて、ありがとうございます。
 将来をそう予見してくださると嬉しいですね。

 息子は自己イメージがかなり低く、何ごとにもネガティブなのですが…、でも、友達はいないけど、とても素直で心優しいのは確かですから、それでも十分よしと考えています。

9238
椎茸様

 ありがとうございます!

 息子は(妻も)このブログの存在を知らないので、いただいた励ましを読むことはないのですが…、でもきっと、見えない形で必ず伝わっていると思います!

9240
合格おめでとうございます(*^-^*)
辛い時期を乗り越えてのことですから
読んでて感動しましたん♪

9241
光奈さん、こんにちは。

私は母が16歳の時に生まれ、まだまだ子供の母に育てられました。
母に(父にもですが)ほめられたり、励まされたり、
話しを聞いてもらったりの記憶がありません。

そのせいか、私も自己イメージがとても低かったです
(誇り高い自分も同居していましたが)。

母は今でも自己イメージが相当に低く、基本ネガティブです。

とはいえ、母なりに一生懸命に子供のことを思ってくれていました。
今もそれは継続。母との同居で、子供っぽい母にもすっかり慣れました。

私の自己イメージが高くなったのは40代に入ってからでしょうか。
今では30代までの自分を思い出すと、ほめたくなります。
本当に良く頑張ったね、と。

話しは変わりますが、母は長い間、穴に落ちる夢を見続けたそうです。
病気をきっかけに(たぶん)、見なくなったそうです。

9242
おはようございます。
「ニューアース」を一気に読み切り、再度読み返しています。
今度はyoutubeにupされている朗読とともに。
まさに今、出会うべくして・・・の本です。

的を得た言い方ではないかもしれませんが

私にとってこの本は意識と思考の成り立ちを詳細に説明してある道しるべというか、地図といった感じです。

9243
パシャ様

 お久しぶりです!
 コメントを有難うございます。

 ここ数日間も、これまでになく思考活動がどんどん緩やかになってきて、「何も望んでない」ような状況です。

 色んな道筋があるようですが、自分には自分なりのプロセスが起こってくるのでしょうね。
 そのようにゆだねております…。

9244
あや様

 ありがとうございます!

 息子にとっては、これからの大学生活も社会に出てからも、もっともっと辛いことはあるでしょうけれど――、
 でもこの時期に「喜び」の経験ができたことは大きいと思います!

9245
あおむし様

 こんにちは!

 へーっ、お若いお母様だったのですね。
 「赤とんぼ」の歌詞でも「ねえやは15で嫁に行き」とありますから、かつてはそれが当たり前だったのでしょう。

 いいですね。自己イメージが高くなって以降に、それまでの自分をほめたくなるって。
 自己イメージを低くすべきべき要素なんて最初からない、とうのが本当なのだと思います。

9246
fijiwara様

 こんにちは!

 いい本に出合えましたね。
 私たちが抱える思考のメカニズムについて、この本はかなり踏み込んで分かりやすく語られていると思います。

 僕は6年前にアルコールとタバコをやめて、テレビも見ない生活なのですが――、考えてみるとこの本の「依存症」の内容が、一番最初のきっかけだったように振り返ります。

9247
光奈さん、こんにちは。

蛭子さんの本を読んでいます。
蛭子さんは色々なことを冷静な目でご覧になっています。
自由人の仲間であることは間違いないです。

このまま読書することを日常にしていきますね。
「ニューアース」何度か読んだのに、すっかり内容忘れています(笑)。

9248
おめでとうございます!
そして、とっても勇気付けられる良い話ですね(^ ^)
ガミガミ言うばかりが方法ではない事を教えてくれます。
ありがとうございます。

9250
あおむし様

 こんにちは!

 蛭子さんの目線は面白そうですね。
 ニューアースになったら、ああいう感じの人も増えてくるのかな…

9251
ポポ様

 ありがとうございます!

 僕自身の高校時代に、ギターばかり弾いて最も勉強しなかった友人グループがいたのですが、その後にプロのミュージシャンになって一番稼いでいます。

 人生は何がどううまくいくのか、本当に分からないものです。

9252
パシャ様

 ご丁寧に有難うございます。

 闇はまだありますし、圧倒的な喜びというのもないです。

 どうにかしようというよりも、起こるべきことにゆだねている感じですね…。

9272
蛭子さんの目線
蛭子さんは子供の頃、パシリにされたり、からかわれたりしていたようです。

でもそれをイジメだとは思っていなかった。
今も、嫌われているからいじめられる、のではないと考えているようです。

テレビの中の蛭子さんとは一味違う、
しっかりとしたラッキーな自由人蛭子さんを確認中です。

9283
あおむし様

 こんにちは!

 たとえいじめららても、相手に「いじめることを空しくさせる」ようなものが、あの人にはあるように思いますね。

 それも一種の徳なのかな…

コメントの記入
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィル

Koudai Mitsuna

Author:Koudai Mitsuna
 
光奈 広大(みつな・こうだい)

 20年のあまりのサラリーマン生活を経て、いわゆる「ザ・マネーゲーム」を何とか卒業。今では束縛されない自由な日々を存分に味わっています!

 そうした中で心がけているのは、普通の日常的な行いを通じて、意識の進化を目指す「カルマ・ヨガ」。

 日々の喜びや学び、インスピレーションから得たスピリチュアルな気付きなどをブログで紹介しています。

 妻子と都内在住――。





http://facebook.com/koudaimitsuna

最近の記事
ツイッター
アクセス

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。