フロントページ   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトスピな散文  »  私は、終わるのだ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


 ブログの更新が1週間も空いてしまうのは珍しいことだと前回書いたら、今度は2週間も空いてしまいました…。

 開設5年目にして、異例ともいえる状況変化です。
 どうなっていくのでしょう?…


 その後も、僕の頭の中の「思考活動」は、徐々に希薄化してきている。
 ただ一方で、身の回りの現実は、家の引っ越しの準備や諸手続きなどで、けっこうあわただしい状況にある。

 さらには、妻が勤め先を辞めて(また半年ほどしか続かなかった…)、かつて長く患っていた鬱の症状が再発とまではいかないまでも、妻の精神状況はかなり不安定な様相だ。
 そのため、僕に対して非常にきつい言葉を頻繁に投げかけてくる。


 でも、そうした生活上のあわただしさや、感情的な揺さぶりによって、僕の気持ちがあるていどまで行き詰まってくると――
 急に、ハートの中心から、こんな思いがわき立ってくる。

 「やがてこの私は、終わるのだ」――


 この「私が終わる」という感覚は、本当に言いようもないほど素晴らしいもので、内に抱える現実問題や感情面の「圧迫」をたちどころに無力化して消し去ってしまう。

 いわゆる「自我の終焉」といったものを、本で読んだり頭で理解したりはしていたものの――、
 これほどの内的な解放感とリアルな説得力をもって認識できるのは、僕にとって新しい経験だ。
(もちろん僕の場合、それが核心的レベルへ至っているわけでは当然なくて、単なる「入り口の感覚」にすぎないでしょけれど)


 そうなると、思考活動の重要度はますます低くなる。
 目の前の現実生活に必要なことは色々と考えながら対処するけれど、先々を心配したり、「大変だ!」と思えることは本当になくなっていく。


 で、そうした僕自身が、最近かなり戸惑ってしまうのが――
 こうしてブログを書くときには、どうしても「言語的思考」を引っ張り出すようにして使わなくてはならない。
 そして、そんな思考作業が自分の中にあること自体に、ものすごく違和感や不自然さを感じてしまうことだ。

 以前なら、ごくごく当たり前の状況だったのだけれど…。


 もっとも、スピリチュアル関連のブログを書いている人の中には、「書いているときはマインドの使用率はゼロ」という人もいるわけだから――、
 僕のこの違和感は、過渡的なものなのか、あくまでも個人的な傾向なのかもしれない。

 また書くことだけでなく、この何週間かは本も読まなくなった。
 ものごとを分析・解釈しよう、あるいは説明しようという意向が、自分の中の根本的なところで希薄になってきているのだろう。


 そういう状況なので当面は、ブログの更新を以前ほどのペースではできそうもないように感じています。(あまり更新しないと意味がないので、ブログ・ランキングのボタンはとりあえず外しておきます)
 また、せっかく丁寧なコメントをいただきながらも、これまでのような小まめなお返事を書けないこともお許しいただければと存じます。


 でも、何か新しい変化や、シェアしたいことが起こったときは、できるかぎりリアルタイムに綴っていきたいと思いますね!!


 結びのヒーリング・ミュージックは、Deuter「Earth Light」。

  ☞ コメント:58

 
次の記事→
コメント
9329
光奈さま、いつも、素晴らしいブログをありがとうございます。
すこし、生意気な言葉になりますが、こうおもいます。

いぶし銀の老年の序曲では、ないかと。

徹底的な清潔感の在り方ではない。「渋み。貫禄。」のステージが、光奈さまを呼んでいるのでは、ないかと。

私は若輩者ですから、本当に生意気な戯言なのですが。

キャラクターが変容していく状態なのではと、おもいました。

様々な変化がスムースに運びますように、お祈り申し上げます。
合掌・感謝・浩欣

9330
光奈さん、こんにちは。
本が読めなくなりましたか。

私はかたづけが一段落して、これからは読書もと思っていますが、
なぜか今とても疲れています。

耳圧、胸圧、眠気を感じながら、この1週間過ごしました。
でもよく眠れます。

耳圧などは肉体的に疲れている症状にも思えますが、
今回の光奈さんの記事を拝読し、
私は色々な「圧」を身体も感じているのかなと思いました。

どんな状況でも心穏やかに。それが試されているのかも。
今日はゆっくりします。寝ていたい気分ですが、さてどうなりますか。

数日前に、うつ病(若い頃から)のいとこから手紙が届きました。
特に仲良くしていたわけではないいとこからの突然の長文の手紙。
彼女は去年うつ病で4か月休職し、1年間で20㎏やせたそうです。

動悸などの症状が出て精密検査。異常はなかったそうです。
最近、母親(我が母のお姉さん)との同居を始めたそうです。

自分が変わるしかない!と思ったら少しラクになったと書いてありました。

とにかく、心穏やかに。それができたら私は満足です。
拍手の花、フクジュソウが続いています。

姪っ子と先日おしゃべりしました。私立受験増やしたようです。
都会での一人暮らしに向け、料理がんばるとか言ってました。
まだどこからも合格通知はないのですが(笑)。

記事アップありがとうございました。
引っ越しは肉体的にしんどいですよね。とにかくお元気で!

9331
記事アップありがとうございました
今、コメントをアップさせました。が、消えました。
こんなことは初めてです。

送信ではなくキャンセル押したのかしら。たぶんそうでしょう。

再コメントの気力がありません。

心穏やかに。どんな時も喜びを見つける私でありたいです。

引っ越しがんばってください。
先日姪っ子とおしゃべり。合格通知はまだないですが、明るかったです。

9332
左脳を存分に休ませてください!
習慣のようになっていたので、
広大さんの記事更新を確認してはいましたが‥‥。
そんな状態でしたら、存分に左脳を休ませてください。

身体的にお元気なら安心です。
私たちファンの期待が、無言の圧迫波動にならないよう、
気をつけますね。

芽吹き、桜、新緑‥‥。
この季節は体調も崩しやすいです。(@^^)/~~~



9333
光奈さん、こんにちは^^

光奈さんのペースで、更新もその他の事もなさるのが一番だと思ってますよー('◇')ゞ

9334
なんかブログの更新がすごくうれしかったです。
更新はいつでもいいんです。
ほんとうにいつでも...。
更新してもらえたらそのとき読ませていただきますから。

9335
光奈さん、こんにちは。
ここ数日、「いまも光奈さん ”漂って”いるんだろうな~。
でも、お引越しの準備などの新生活に向けての物理的な作業は着々とこなしていらっしゃるんだろうな~」などと思ってました。
そしたら早速の近況ご報告。
こういう感じってまさにテレパシーみたいで楽しいですよね。
たぶん、これからの時代のコミュニケーション方法は
直接的な「会話」ではなくて 思考エネルギーを気になる対象(相手)に向けると瞬時にダウンロードされて知りたい情報(状況)が即座にわかる・・
そんなふうに「見て聞いて」じゃなくて「感じて」いく時代に移行していくんじゃないでしょうか。
私の場合は、「私は、(生きながら)生まれ変わるのだ」という感覚(確信)が日に日に強くなっているようです。

9336
mitunaさん こんにちは

環境は変りつつあり、新しいことの準備にいそがしい時、
少しでものんびり心のままにということは、時にはたいせつですね。

息子さんとその成長に、親としての真心を籠めていらっしゃったからこそでしょうが、同じように節目のころには心理的な変化をするのだと思います。
(男性でも泣いて良いとおもいます・・きっと泣いていますよね・・・嬉泣)

生活のリズムが良くなりましたら、またお元気な言葉をお聞かせくださいね。
それでは、春だと言っても寒暖の差がある毎日に、風邪など引かれないように
お身体をだいじにしてください。

9339
桜咲きました
あらら、コメントアップされていたんですね。
でも、コメント直後はなぜか反応していなかったのです。

姪っ子、某私立大学に合格しました。

今日、うつ病で休職した上記のいとこから電話がありました。
4月に会うことになりました。

これからは話す人ではなく聞く人になっていこうと思っています。

9340
心に染入る・・・・。
光奈様
美しい音楽をありがとうございます。
心に染入り、温かい、祈りのような気持ちになりました。

ありがとうございます。

9341
◎!!!

9346
光奈さん、おはようございます。
しばらく更新がなかったので
きっとご子息のこととかで
お忙しくされているのではないかと思っていました。

いろいろと身の回りが変化されているようですね。
まさしく漂っているという状況でしょうか。
無気力?になりながらも
やるべきことは委縮してしまっている思考回路が
自然と動き、指令をだし、滞ることなく行われているのでしょう。

私も最近、仕事の状況がかなり変わってきて
戸惑いや焦燥感、いろいろと考えさせられて
心身共に疲れ果ててしまって
引き際なのかと考えたりしながら
どうにか日々を送っている状態です。
なんなのかしら、心が空洞というか・・・
それで、いつ自分の身に何が起きてもいいようにと
常に考えるようになっています。
変化の時期なのだと思います。
何かを超える時が来たのかな・・・

光奈さんも、今の自分と向き合って、できることをしていって下さい。

物事は成る時には成るし、成らないときにはどうあがいても
成りませんから。

9347
定期的に更新していたブログが告知無しに止まってしまうと
読む方は「大丈夫かな?」と思ってしまいますね^^;
書きたい気持ちが出て来ない、忙しい、旅行中、不測の事態が起きた、亡くなった・・・考えられる可能性は色々ありますが、ちょっと心配になります。

これまでも、よく読んでいたブログが突然止まり、一ヵ月、二ヵ月後、数年後に再開して「良かった、生きてたんだ~」という事が何度かあります。(サイキックでないと不便な事が沢山ありますね^^;いや、ホントに)


年初に父が亡くなったのですが、改めて「この世界は幻想だなあ・・」と思いました。
昔から「いた人(動物)がいなくなる」というのは不思議だと思っています。
その逆の「いなかった人(動物)がいるようになる」のも不思議なのですが。
誕生や死というのは、本当に、この世界という舞台に”登場”し、”退場”する、そんな感じがしますね。

そして、これほど身近な人でも、数日もすると、この次元の体や声のイメージがなくなっていく。意識的に想起すればともかく。
よく「去る者は日々に疎し」と言いますね。英語だと「Out of sight, out of mind」と言いますが、正にその通りだと思います。

とは言え、この辺は人によってかなり違うとは思います。人や動物が亡くなって、何年も立ち直れない人もいます。
私は天寿というものを信じているので「天寿を全うしたのだ」と思っています。途中で投げ出す事も無く、最後までやり遂げ、卒業した。本当によくやったと思います。
アメリカ先住民には「死はめでたい事だ」という考えがあったそうですが、私もその感覚は分かります。卒業祝いのように、本来はお祝いすべき事なんですけどね。

しかし・・・関連して思った事が。「なるほど、これでは過去生を覚えている訳がないな」と。
現世でこれほど身近な人が亡くなっても、数日でイメージが消えていく。
自分自身とは言え、死んで体がなくなり、新しい体に生まれ変わったら、もうその前の人生の事は殆ど覚えていないでしょうね。漠然とした感覚くらいはあっても。
勿論、ハイアーセルフやガイドは全部知っているし、覚えているでしょうが・・・・何というか、改めて納得しました。










9349
>「私が終わる」という感覚

終わるというより終われる感覚なのかなと思います。
空白だったはずの場所に未来が見えたのかなと思います。

これは書いたかは覚えてませんが
シールズ他を認められない理由に彼らの未来は自分達も含んでいる感じがするという点でした。
個人的には、未来は自分の生きる限り現れず、自分の目の前にある先の不安や希望はどこまで行っても自分がどうにかできる(責任をもつ)現在に過ぎない、そう思っています。
未来とは、もうここで終わっていいのだ、そう思える何かに出会ったとき。そいつが自分を終わらせてくれるとき、それが未来なのだと思います。

息子さんの大学進学や、奥さんの鬱が再発しなかったこと(不安定でもそこで踏みとどまっていること)、そのことできっと未来に会えたのかなと思います。
その未来の構えた真剣で魂を貫かれてしまったのでしょう。

今は現在への責任への解放感に酔いしれる魂もいつかはきっと帰ってくると信じてます。
自分自身で感じた終わりは未来な誰かには関係ないことに気づいて。
どこかのアニメじゃないですが、
その時が来たら全力で戦って全力で負けなさい
と次のスターにステージに譲るように
未来を現在へと変えるためのけじめをつけるために。

9350
消えないで・・。
あるのが当たり前と信じていた”自由人の~・・・”ブログ。嫌われてしまったのだな~と思っていました。が、耐えられず来て見たら、衝撃のタイトル!
 とても寂しい。そして心配。一人一人にとても丁寧に答えてくださっていて・・・それがとても嬉しかったりもしたのですが。
 やさしい絵はかきつづけてくださいね。

9351
あるがままに・・・
書けようが書けまいが・・・どちらでも構わない
消えようが消えまいが・・・どちらでも構わない
自由とはそういうもの・・・と

読み手の為のブログなのか 書き手の為のブログなのか
為…の無いブログがあってもいいのでは

自由とはそういうもの・・・と
いつか理解したような気がします

囚われから解放されて 自由を楽しんでくださいね
こころから・・・^;^♡

9359
光奈さん、こんにちは。
拍手でドクダミが出たら、勝手にコメントします。

先日「○○さん(私)と話すと元気になるよね」と言われました。
誰かを元気にしたいという思いは捨ててしまいました。
自分は元気でいよう。今はそれだけ願っています。

昨日は絵てがみ教室でした。疲れなくなりました。
生徒さんを元気にしたいという思いがなくなったからかも。

拍手とツイートチェックを楽しみにここを訪問しています。

姪っ子、国立大不合格。12日の後期試験で奇跡を起こせるのか・・・。

9360
おはようございます
私もあおむしさんと同じで「誰かコメントしていないかな」って
覗きにきています^^

過去に意味はないと思いつつも・・・
1.17  と 3.11 は私という収束したエネルギーがいつまでもその記憶を
風化させないのでなんだかワサワサしています。
でも、多くの人がカルマ・ヨガを大きく進化させたきっかけのひとつには
なっていますよね。

9361
お疲れ様です。
スピリチュアルブログと共に読ませていただいております。
が、
私の感じたそのままで申し上げますと

相当お疲れのようですね!
頭も良くて相当律儀な方のようです。

ブログ更新よりもご自分を大切になさってください!!

あなたはブログを更新しなくても良いのです。

コメントに返信しなくても良いのです。

ブログを書いても書かなくても、あなたはあなた。
ブログを読む読まないも読者の自由。

もっと、もっとわがままになっちゃいましょうよ!!


100回読んで下さい♪


9362
無の兆し
光奈さま

いつも拝読させていただいていましたが、初めてコメントさせていただきます。
スピリチュアルな世界に関心を寄せて数年になります。光奈さんの文章は引用や過去の事例など的確でわかりやすく書いてくださっていたので好んで訪ねていました。
ちゃんと分析、構築された書き込みだったからだと今さら気づきました。このように書くことができて羨ましいな~とずっと思っておりました。
届けることができる人としての役割をお持ちだったのかもしれません。ありがとうございました。
私は真逆で感じるがままの感性の人と思います。書くのは好きでも論理的に伝えることができません。今、そちら方面も必要と左脳のトレーニング中です。
それでも、言わされていると後で気づくことは何度もありました。人との会話でアドバイスめいたことを言う時、よくは考えていないのです。
それらは強い意志で届け!という感じではありません。自分の意思に関わりなく口について出る言葉で相手の方がキャッチすれば気づきになるという類でないかと後で思い返す感じです。
こういった日々のなんでもない会話を通じてもシグナルが送られていて、大きな存在に守られて人生を営んでしまっているのだとゆるく感じています。

気功をしていますが、初心者から一歩ステージが上がった時を今思い出しています。それをお伝えしたくてメッセージを書く気になりました。
Let it go! あるがまま解放しなさい!の師匠の言葉に完全な安心感を覚えてふぅ~っと気を緩めた時、体が軽くなり自由を感じました。
ああ、これか!と思った瞬間でした。
毎週の植物園の練功で自然にその時間を楽しむことができるようになりました。体の健康も大切ですがメンタル方面を開放してあげユートピアの世界を泳ぐ幸せを感じています。パンパンに張っていると、新しいものが入るスキマがないのです。緩めてあげると何かが入ってくるのでしょう。できるだけプラスの環境を整えると心地よい風が入ってくるようになることでしょう。
ですから、今の自分をそのまま受けられるといいと思います。十分な解放を自覚されるようになると、これまでの理論的な思考と、スイッチができるようになられるのではないでしょうか?
「私は、終わるのだ」ではなく「今の私は終わるのだ」と新たな境地なのではないでしょうか?
これからの光奈さんの変化を楽しみに拝読していきたいと願っています。

9363
大感謝の日に
拍手で出た花はフクジュソウでしたが、コメントします。

117の時は東京在住でした。
311の時は茨城県日立市在住。大地震を体感しました。

毎日感謝して生きているつもりですが、特に311は大感謝の日です。
被災者の皆様のことを考えればこんなことは言えませんが、
あの日がなければ今の私は存在せず、
大切なものに気付くことなく人生を終えるところでした。

2020年、東京オリンピックも予定されていますが、
同年全線復旧予定の常磐線に乗って仙台へ行きたいです。
その前に、地元からの高速バスで仙台へ行きたいです。

何かをしてもいいし、何にもしなくてもいい。
それを実感すると、何かをしたくなります。
自分が本当にやりたいことを生きているうちにやっていきます。
何もしない日も楽しみながら。

9365
「私は、終わるのだ」

すこし・・似たような感覚の日々を過ごしていました。
2月10日~一か月間、PCを開かず、借りた本もすべて返し、本も読まない生活

30年間利用していた生協を止め
小学5年~手伝っていた実家の駐車場の当番を断り
そのことに対して、説明する気にもなれず

16年間続けたPTA役員も、もう十分

この「私が終わる」という感覚は、本当に言いようもないほど素晴らしいもの
内に抱える現実問題や感情面の「圧迫」をたちどころに無力化して消し去ってしまう

自分で自分を縛っていた「~しなければいけない」から、解放された・・開放感でしょうか
疲れているわけではないような・・・

一週間前、腰を痛め、改めて感じたことは、癒したり、労わり、励ます相手は、自分自身の身体と心 信念が居場所を決めるような感じでした

仮免の息子(希望私大合格)が 運転する車に乗っても、以前ほど先々を心配したりしなくなりました。

   マハボテカード引きました

 ー感謝ー
ここで、立ち止まって、今まで受けてきた数々の出会いに改めて感謝することが必要です。
あなたの他人に対する意識や態度が変わると、あなたの人生が変わります。
人とのかかわり方を良くすることは、人生に多くの喜びの奇跡をもたらします。
どんな小さな偶然にも、常に感謝の心を忘れずに生活していきましょう。

 大感謝の日
私たちは、どこか見えないところでつながっている

自由人のカルマ・ヨガノート
光奈広大さま
ツイートで、メッセージがきけるだけでもOK
あなたのやさしさは、身に沁みます


9369
生きているだけでいいのだ
今日の拍手はカラスウリでした。これも良く出ます。

体調は良くなりました。
というか、ボンヤリ感がアップして気にならなくなりました(笑)。

すべて起こってくることは完璧である。
そのことを忘れると、体調のことも気になりますね。
それと、何かを批判する気持ちが体調を悪くします、私の場合。

病気(体調不良)を悪いことだと思っていませんよ。
何かのメッセージだと思っているので。
そういうつもりでコメント書いてきました。

心の中で何かを批判すると同時に自分のことも批判することになり、
胸に違和感を感じる。息苦しくなってくる。そんな気がします。
まさに心の問題。
しかし、気候や地球の変化も身体は感じているとも思っています。

少し前に散歩中に少し走ってみましたが、胸が痛くなりませんでした(笑)。

さて、311の時に、私は爽快感&解放感を味わいました。
ライフラインが止まり不自由なこともあったのですが、つらくはなかった。
311から10日後に入った少し泥臭いお風呂の有難かったこと。
一生忘れません。今も入浴のたびに幸せ感じています。

近所に住む妹家族とともに、私の部屋にみんなで寝た311の夜。
生きているだけでいいのだという思いは、実に清々しいものでした。

9372
不思議なことばかり
今、生きている全ての人々が、小さな偶然の積み重ねによって生かされているのでしょうね・・

そのことに気が付き、意識や態度が変わると人生が変わる(マホボテカードより

本や、外からではなく・・小学生の頃の自分に教えられたように、探していたものが自分の中にあることを知り、探求することを、やめたのです
しかも、可笑しくなって大声で笑っている
笑った後に、涙が止まらない 感情を開放したようです
行動のすべてが、笑える

買った本を捨てようかと思い・・手にして・・やめました
 人生をもっと幸せに生きるために ―死者からのアドバイス
思い残すことのない人生を生きるためにどうすればいいか、を語る    
私にとっての宝物です(処方箋かな?) 

光奈さんの奥様の出産が、母子ともに命がけだったように
私の息子は、切迫子宮破裂の緊急手術で生まれ、母子とも危険な状態でした
息子は、心臓に異常があるとの検査を1歳まで行いました。
 幸い 健康に育ち 晴れて大学生です  


「使えば使うほど、お金を受け取ることができる」を実感した事

亡き両親の声に従い、姉の借金を全て返し 甥っ子の奨学金を全額支払いました(生きたお金の使い方だそうです)

すると、毎月5万円が振込みされているのです
ありがとうの声を お互いに聞こえるようでうれしい

一か月前、スポーツの会場を間違え、時間がないと焦った時助けてくれたのは、ベテランのタクシーの運転手さん
諦めていたのに奇跡的に間に合い、感謝の気持ちとチップを渡さずにはいられない思いを知りました。

間違えたおかげで、夏目漱石の銅像と、廃止予定の電車を見ることができ・・必然ですかね?

不思議なことばかりです。

一か月間PCも、本も開かなかった分・・楽しさは倍です

9375
頻繁にチェックしていたこの秀逸なブログですが、読者のコメントや光奈さんからの返しもまた良く、読まずにはいられませんでしたね。

コメントしたことはなんとなく過去に一度だけなのですが、これだけのクオリティで数日おきに更新できてしまうことに毎回驚いてもいましたよ。

読者がすごくマトモで、なんというべきか、バランスの取れた世界観を感じるんですよね。全国にこれだけマトモな人がいるのかと思うとホッとさせられていたのですが、彼らを引き寄せるだけの魅力があるということになりますよね。

今年に入ってからは記事にある種の加速感を感じていて、このブログはどこまで昇るのだろうかと思っていましたが今回のように更新頻度が落ちることは単純な減速ではなく飛躍あるいは変容であるかも知れないなあと考えています。


9376
勉強させてもらっています
私も、このブログは光奈さんはじめコメントをする方々の体験や見識がとても素晴らしいものであることにも大きな魅力を感じています。

今は過去記事とコメントを読む毎日ですが、何回か読んだ記事でさえ発見の連続で面白い。
中でもお気に入りの記事についてはいくつかリーディングリストにとってあるのですが、今ノートPCでほかの作業をしているときに偶然リーディングリストに手が触れてひとつの記事が開きました。

http://mitsunakoudai.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

なんとなく「しん」とした気持ちで居住まいを正してしまいました。

更新記事を読めないのは確かに寂しいですがそれもひとつのあらわれ

静かな気持ちで「在り」
そのなかで笑って泣いて怒って喜んで悲しんで味わって遊んでいよう
そんな風に思いました。

9377
こんにちは
光奈さんのブログすばらしいですよー。
  
最近よく聞くラマナの朗読です。 
 https://www.youtube.com/watch?v=JSf1ODmCyhI 

最近よくみるトニーパーソンズの文です。 
 
私が話しているのは、あきらめる勇気、死ぬ勇気、手放す勇気のことです。悟りとよばれているものを手に得るという考えさえも放棄する勇気です。

さらに大変なことですが、自分をより良くするとか、自分はどうあるべきかという考えをも放棄する勇気について、話しているんです。

私のミーティングに来て話を聞いている人たちのなかには、菜食主義を捨てて、太って、心臓病で死んでいく人が結構います。でも、それは問題ないと私は言っているんです。なぜって、人は死んだとき、何の理由もない歓喜になるからです。

だから、あきらめる勇気を持つことです。本当にそうなんです。

自分が至るべき境地はどんなものかとか、その境地にどのように至るべきかとか、そうした観念や考えを全部捨ててしまうこと、それはとてつもないことです。そういうものを全部手放すことができるということは、大変な勇気が必要です。

瞑想を30年も続けてきた人は大勢いますが、そんなことはまったくの時間の無駄だったということを彼らは理解しつつあります。

でも一方で、彼らは素晴らしいことも耳にしています。それは、人生という現象をとおして自分がやってきたことすべてが、まったく完璧で適切だったということです。

すべてが〈最愛のもの〉です。すべては神です。あなたが恩寵のなかにいないということはありえません。

あなたについてのすべてが、完全に絶対的に完璧に適切です。自分のこんなところは良くないなあと思っているようなこと、そのすべてが無条件に適切なんです。

神は神経質でありたいだけです。それも現れというゲームの一部です。自分には醜い部分があると思っているかもしれません。でもそれは美しく、素晴らしいものなんです。 
 

9378
こんにちは。
このブログに会えてよかったな~と思っています。
「自由人のカルマ・ヨガノート」は
大変なエネルギーを使っているな~と思い、
尊敬をしておりました。
このような文章を書ける人はなかなかいませんね~
いろいろ勉強させていただきました、
ありがとうございます。
体大切にしてください♪
これからも時々お邪魔したいと思います。

9382
ラマナマハルシ
「人々は単純な裸の真理、彼らの存在する永遠の体験の真理を理解しません。その真理とは真我の真理なのです。真我に気づいてない人がいるでしょうか。彼らは真我について聞きたいとも思いません。その反対に人々は何か彼方なるもの、 天国や地獄、輪廻転生などについて熱心に知りたがります。なぜなら彼らは神秘を愛しており、裸の真理を愛してはいないからです。それゆえ宗教はただ真我の周辺に彼らを連れてくるだけのためにほしいまま与えて甘やかします。あちらこちらを歩いた挙句、結局ほかでもない真我にもどってこなければならないのです。ならばなぜ今ここで真我にあろうとしないのでしょうか。天国や地獄はそれを見る者、あるいは考える者である自己を必要とします。天国や地獄の実在性はそれを見る者、あるいは考える者と同程度でしかないのです。天国や地獄はそれを”見る者”なしには存在することができません。それゆえそれらは自己と異なりません。たとえ無知な人でさえ物事を見るときはただ自己だけを見ているのです。しかし彼は困惑し体や感覚やこの世のドラマといった対象と真我を同一視してしまいます。  
 
主体も対象も真我の中に溶け入るのです。そこには見る者も観られる対象も存在しません。見る者も見られる者も真我だからです。多くの自己が存在するわけではありません。ただひとつの真我なのです。」 
 
 
理解しきれてはいないにしてもなんか響くんですよね。笑


9385
なんとなくシンクロ
『私が話しているのは、あきらめる勇気、死ぬ勇気、手放す勇気のことです。悟りとよばれているものを手に得るという考えさえも放棄する勇気です。

さらに大変なことですが、自分をより良くするとか、自分はどうあるべきかという考えをも放棄する勇気について、話しているんです。』

この一文にぎょっとしました。
実は先日、なぜかいろいろな思いが去来して何故か激情に駆られてしまって
娘が出掛けて一人きりになったところで「わ〜っ、私の人生なんてクソだ〜っ、私はクソみたいな人間だ〜っ、はやくしにたい〜っ、こんなくそ人生いらね〜っ」ってわめきちらしてしまいました。(なぜかわからないけど、がーってそういう感情がきて、前に一度嫌い尽くしたと思っていた自分への嫌悪感がまだ心の底に残っているのを発見したんです)

ひとしきりわめいたあとは、嫌いな自分を許そうとおもいました
ゲスな自分を許そうと思いました。
またひとつ降参したかんじでした。

9386
ラマナ・マハルシの言葉を読んで
ちょっと違うかもしれませんが、ヨーガスートラの言葉を思い出しました。
サイキック能力に対するスタンスは確かにこれが正しいのだろうなと思います。


【ヨーガスートラ 3章51節】
それ(これら全てのシッディ(サイキック能力))に対してさえ無執着であることにより、束縛の種子が破壊され、かくしてカイヴァリャ【独存】の状態が顕現する。

全てのシッディ(サイキック能力)は実にすばらしい。しかしそれらはわれわれを縛るという意味である。それはサイキック能力が心の所産であるからだ。欲するのは心なのだ。それは、あれもモノにしたい、これもモノにしたい。何のためにか?それを誇るためだ。それがエゴを育てる。それが”私”と”私のもの”を大きくする。つまりそこにはまだ利己的な欲望がある。もしあなたが幽体飛行(アストラルトラベル)や千里眼(先のことまで見える能力)や天耳通(天からの声を聞く能力)のようなサイキック能力を求めているのなら「それはなぜか?」と私はききたい。あなたは「ええ、それで私は人々を助けることができるだろうと思うのです」と答えるかもしれない。私は、それはただのいいわけだと思う。あなたはあることができることを人に示したいのだ。あなたはそれを誇りたいのである。

ではサイキック能力は悪なのか?だとすればどうしてそんなものがあるのか?いやそれらは悪くないのだ。それらは素晴らしい。それらは善である。だがそれはどういうときだろう?【それらの方が】あなたのところに来るときである。あなたがそれらの後を追いかけるときは、それらは悪い。それだけの違いである。シッディ(サイキック能力)に来させよ。そして「何かお手伝いさせて頂きたいのですが・・・」と乞わせよ。そのときそれはすばらしい。もしもあなたがそれを追い求めず、それらを切望しないならば、それらは”あなたのもの”ではない。彼らがあなたを”彼らのもの”にしたい、あなたと共にいてあなたに仕えたい、そういうときにはそれらは良いのだ。

聖書の中にもそういう力のことが出てくる。「すべてがあなたのもとに来るだろう」と。そしてそれはどういう時か?あなたが神の国を求める時である。「汝、まず天国を探し求めよ。そのとき、その他のすべてが汝に加えられるであろう。」
それら(能力)を1つずつ追いかける必要はない。これはサイキック能力に限ったことではなく、美や金銭や権力や科学知識など、何でもだ。こうしたものの全てが、今や恐るべきものになりつつあり、そのために世界は恐怖におののいている。それはなぜか?われわれがまず天国を求めないからだ。【神】とは何か?平和であり、足ることを知ることであり、エゴのないことだ。だからシッディ(サイキック能力)が悪いわけではない。(または、美しくなること、富を得ること、権力をえること、科学が発展することが悪いわけではない。)それらは神の力、神の探究の副産物である。それらをあなたの後ろについてこさせよ。

心がそれほどまでに清らかで静穏となったとき、そのときこそあなたはそれらを、あなたのエゴのためではなく、良い目的のためにうまく扱うことができるようになる。そのときあなたは「私はこれができる、あれができる」と言って自分に太鼓を打ち鳴らさなくなるだろう。シッディ(サイキック能力)はそんなことのためにあるのではない。だからパタンジャリ(ヨーガスートラの作者)は、科学者として、事実は事実として学ぶ者の前に示さなければならないから、これらのことをはっきりと説明しているのである。だがそれは、そういうシッディ(サイキック能力)を獲得せよと奨励しているのではない。それがパタンジャリのいいところだ。彼は何も隠さない。そして「これらはすべて間違いなく起こりうる。しかしそれらを追い求めるな。でないとあなたはそれによって傷つくかもしれない。それらにあなたの後を追わせよ。」というのである。

9387
こんばんは
広大さん

まずは、息子さんの希望校進学おめでとうございます。
そして、今までの記事UPとコメントもありがとうございます。
ただ、いつもありがとう。
それでは、また。

9391
ハンドルネーム 変更届け
光奈さん

厄払いと景気付けにハンドルネーム変更します。

旧)オサムライサン(しし改め)
新)蜜☆仲人愛(オサムライサン改め)

よろしくお願いします。

9393
光奈様
初めてコメントさせていただきます。
精神世界を描く素直な文章力に魅かれて訪問させていただいていましたが、
現在は書けなくなっているとのこと。
全ては良いことのために起きる、と信じていますので、
光奈様が新生されてご活躍される未来も信じています。
今は、それに繋がる実り多い1日1日でありますよう、
新たなご縁がたくさんありますよう願っています。

9394
「精神世界を描く素直な文章力」。

ほんとコレ。

私事ですがエベン・アレグザンダー氏の著書「プルーフ(/マップ)オブへヴン」とDVDに触れることができたのは光奈さんのおかげでした。大きな収穫です。

すでに精神世界を扱う業界には期待していなかったし、関わる必要性も感じていなかったので光奈さんの素直な文章力でもって、たびたび紹介してもらえなかったら、敢えて手に取らなかっただろう、もしくは手に取るのが何年も遅れただろうと確信してますよ。


9395
・・・とは言え別に
サイキック能力やお金やその他諸々を望んで求めるのが「間違っている」という訳ではないでしょうね。
自分にそういう気持ちがあるのに、ラマナ・マハルシやヨーガスートラの考えに合わせなければならないと思って否定するなんて馬鹿げています。

ヨーガスートラで言っている事は基本的には正しいスタンスだと私は思いますが、と言って、サイキック能力やその他諸々を求める事を否定するのも違うかなと。
勿論、完全に否定する在り方や考え方も”あり”なんですが、私はどちらかと言えば肯定したい方かもしれないですね。(否定したくなる時もありますけど、それはそれで間違ってはいないと思います)

何かを望み、求めるというのもある意味貴重な心の顕れであり動きかもしれない。それをむげに否定するのもな~・・・と思ったり。





9397
2年半前からの読者です。
初めて書かせていただきます。

職場のある人との関係でストレスに苦しみ、このまま続けていたら、うつ病になってしまうと退職願を出したのが2年前の夏、ただ説得されて、退職願は取り消し、次の年度から仕事のポジションが変わって、身動き取れない状況から脱しました。

その2年前の夏に、「早期退職」かなにかの語句で検索して、このブログに出会いました。

その頃、瞑想ウォーキングなども実践しました。

そして昨年夏、紹介で知り合った女性と結婚。
ただ若い頃に摂食障害をしていたことが気になってはいました。

その彼女ですが、光奈さんの奥様のように、ときどき機嫌を損ねると激しい言葉を浴びせて私を責め立てます。
昨夜も黙って彼女の怒りを浴びつづけました。

そのため明け方まで眠りが浅く、不快な気持ちを騙しだまし仕事をしました。

その極度のストレスというか、やりきれなさ、頭が重い感じ、消えたい気持ち、

光奈さんの文章を読んで、一方的に共感しています。

私の状態と一緒にしてしまうのは失礼ですが、怒りや否定的なエネルギーを浴びつづける辛さ、ダメージは相当なものだと、しみじみ感じています。

結婚して7ヶ月、離婚という文字がよぎっています。



9398
今日の拍手はアザミでした。
ドクダミが出たらコメントをすることにしたので
残念ですが、今日もコメントできない。

と思って、光奈さんのフェイスブックを初めて開いてみたところ
ドクダミが出てきたではないですか。

ということで、コメントします。

光奈さんはダメージを受けてもいないし、しんどいわけでもない。
私にはそんなふうに思えるのです。

9400
いつもすてきな記事をありがとうございます。
氣のむくまま。風ふくまま。
呼吸するように 言葉も記事も。表現も。
よりそのような方向にシフトしてゆくのでしょうね。
たのしみですね。

9401
おひさしぶりです
そういう時ってありますよね。
私も、ブログ更新しないとき多々ありましたw
また、更新されるのまってます。

9402
こんばんは
気温的にも過ごしやすくなってきてますね。 
最近はyoutubeで大和田菜穂さんなど聞きながら過ごしてます。 
 
このブログの商業的要素の希薄さが気に入ってます。

9403
記事の更新もですが
コメントの返事もこれほど長い間されないというのは初めてですね。
「私は、終わるのだ」の記事でブログ自体が終わってしまいそうな雰囲気もありますが^^;そんな事も無いかな・・・。

でも、几帳面な光奈さんがこれほど長く出てこないという事は、相当な精神的過渡期にいるんでしょうね。


アノニマス・ユニテリーさんのコメントが削除されていたので、それにお答えした私のコメントもすべて削除しましたが、本当はあまりコメントの削除というのはしない方がいいとは思っています。一応自分の発言には責任を持つべきだと思うので。

それに、削除されるなら私が提案した3日前にした方が良かったですね。
思った事をぱっと書いてしまう・・・のはそれはそれでいいんですが、自分で書いたものを消してしまうと、どうしても軽々な印象がまぬがれません。特に、他の人に対して質問して答えがあった場合は、本来は削除すべきではないです。相手も時間とエネルギーを使って応えている訳ですから・・・。

自分の考えを書く分にはどんな文章だろうが後で削除しようが、まあいいかなと思うのですが、誰かに質問したりする時には、その前に立ち止まって考える。それが嫌なら、答えがあった場合は削除しない。(なければ消してもいいと思いますが)どっちかだと思いますよ。





9404
びっくりポン
拍手はドクダミではなかったのですが、コメントします。

最近、びっくりポンの展開がありました。
予想もしない形で願いは叶っていくのですね。
願いが叶うかどうかはまだ未定なのですが、
そういう展開が起きたということが、びっくりポンです。

願いはあるけれど、叶わなくてもいいし、そのために何もしない。
こうなったらいいなと、よく口にしてはいますが。
今ある目の前のことを大事にして過ごしているだけです。

津留さんの本に「今に100%満足すると新しい扉が開く」と書いてありました。
その扉が開き始めたのかもしれません。

9405
私は、終わるのだ、、ちょっと、ぐさっと。広大さん、ちょっと遠出、遠回りして、アホナことをやって自分のリズムを見直しませんか、、、メアリー・スチュアートの、わが終わりにわが始めあり、、eternity。最近、私もいろいろ思うところがあり、、

9406
つら
独特な雰囲気を持っているこのブログの文章が好きです。

いつの間にかこんなにも心の拠り所になっていたとは・・・

9407
商業的要素の希薄さ。本当にそうですよねえ。

読者数が伸びたブログってアフィに始まり、参加費3000円のお話会だの、コラボ講演だの、書籍化、有料メルマガ、物品販売、などと図に乗って小遣い稼ぎしますね。

浅ましいと言えばそうですが私が同じ立場なら必ずそうしますね(笑) はじめは月収10万円程度を目標にそれらを道具としてお金を引き出すでしょう。実践するブロガーに対してまったく非難する気がおきません。

それが経済合理性とともに生きる現代人の普通の感性です。

光奈さんにも、その手のお誘いは来ているはずですよ。言わないだけで。

ブログ継続がそもそもどんな目的だったかに依存しますが、今後は更新自体が途絶える可能性もあるのかも。憶測の域を出ませんが。

いずれにしてもずっと記憶に残るブログですね。更新が途絶えても読者の多くはたびたび思い出しては光奈さんを声なく応援し続けるでしょう。

ところで一過性の刺激を求めて「ITスペシャリストが語る芸術」というブログなんかも読んでいますが、読み手に何かを啓発するブログを金銭的見返り抜きで継続していけるブロガーは時代に選ばれている人だと思います。

9408
『 いずれにしてもずっと記憶に残るブログですね。更新が途絶えても読者の多くはたびたび思い出しては光奈さんを声なく応援し続けるでしょう。』

全く同感です。
(なんて、声をあげてしまいましたが)

この状況が思ったより辛いのにびっくりですが、その「辛い」という感覚をどこか愉しんでいる自分を発見・・・Mかよ

9409
自我の終焉。

津留さんは早々この世を去ってしまいました。

自我を終焉させても、この世で生き続けられる時代に入った。

そんな気がしました。

自我は悪いものではなく、真我の相棒ですしね。

9412
私たちの真の素晴らしさは、今ここに存在しているのです
コンコン!
お留守宅に勝手に上がるような・・後ろめたい気持ちですが
おじゃまします。

 何かと忙しい今日この頃・・お元気でしょうか?

昨日、ベットの上で寝る前のストレッチをしていたら・・

光奈さんが、目を閉じて座禅している姿が浮かびました。
新しい家の、場所決めに一番に考えたのが・その座る場所
小さくても落ち着ける空間

お会いしたこともなく、声を聴いたこともない光奈さんのことを、考えてしまうからでしょうね

今日の ツイッターへのコメントを書かせて下さい。
アニータ・ムアジャーニさんを検索して臨死体験のことを知りました。
本を読みたくなる内容でした。
 
 インタビューから~
考え方を変えると、人生が変わり得る 可能性に心を開いてみる 
全ての答えを知ったわけではないが、探求はしなくなりました。 必要を感じなくなった。

テレパシーについて
「根源的実在」のデータ・ベースに同時にアクセスしている感じになる。 
執着心を整理する
交信もアクセスも、固体意識のレベルでやっているからです
 
 私たちの真の素晴らしさは、今ここに存在しているのです
光奈さんからの言葉に聞こえてきます・・
 
 (自由人の扉)の鍵を手にしたも同然でしょうか・・

9413
こんばんは
大和田さんもノンデュアリティというものにふれた後、虚無状態やディタッチメント状態を経験してるようですね。まあふつうそうなりますよねって思いました。

9414
記事中で以下の文章があるのですが気になってました。


>ものごとを分析・解釈しよう、あるいは説明しようという意向が、自分の中の根本的なところで希薄になってきているのだろう。


光奈さんほどではないにしろ私も最近はそうですね。日本に多大な影響を与える米大統領選の予備選・党員集会も後半戦に入ってますがずっと動向に注目してきた割にもう、なるようになる、という先手を打たれたかのような安堵感があります。

共和党候補者指名争いで躍進を続けるトランプ現象に掛けてプレイングカードのほうのトランプを引き合いに出しますが。

神経衰弱っていう誰でも遊んだことのあるゲームがありますよね。このブログの読者は真理を追求したいタイプだと思いますがそのタイプは神経衰弱で遊んでいるように思えるんですね。最近は。

カードをひっくり返すと「トランプゲーム」という素敵な宝物が見つかるらしいんだけど、どれかな。

ちょっと挑戦してみよう。

以前にひっくり返した場所を記憶しておけば消去法で効率的に「トランプゲーム」を見つけることができるはずだ。

これを延々と行うとどんなことが起こるでしょうか。すべての絵柄を揃えてゲームオーバーです。まあ、当たり前ですね。これが真理追求者の一生です。

「トランプゲーム」という素敵な宝物はいくら仕切り直し(輪廻)しても見つかりません。

トランプゲームはその行為そのものだからです。近すぎて見えないどころか、「それ」すぎて「それ」でしかありえない。

どこに同じ絵柄があるだとか、分析・解釈に一生を使っても衰弱(あるいは消耗)していくだけ。

分析・解釈をしようと試みる自由意志はどこから生まれるのかを問うても、おそらく同じで近すぎて見えないどころか、「それ」すぎて「それ」でしかありえない。

きっと我々は自由意志を持っている、それは確かだがより高いレベルから見れば自由はなくそれは共同意志であるとか集合意志とか呼ばれたりするような緻密な連携プレー(神の意志)でしかない気もしてきており分析・解釈を手放してまったく問題が起きないのだという深いところから来る洞察めいた穏やかさを感じて最近はしかたない。

先手を打たれたかのような安堵感。この話って伝わりますかね。

9415
トニーとチャールズさん

それが「これ」なんですね ^^

9416
そうですね。それが「これ」。
まさに伝えたいことがそれです。

「これ」を伝えたいがために今まで多くの覚者が別々の表現を描いては必死に伝えようと試みてきた。
我々もどこかでその試みの恩恵に預かっているのだが、初歩の算数で躓(つまづ)く子供とそれを指導する親のように、相互無理解は平行線を辿るままで来てしまった。
これは悲喜劇(トラジックコメディー)。

なぜ分からないことを親に分かってもらえないのかと混乱する子供と、なぜそれが分からないのかが分からず途方にくれる親。

そんなコミカルな状況も終わりに近づいている
ような気配。

その悲喜劇(トラジックコメディー)をハートフルラブストーリーだったのだと気づいても良い頃なのかも知れない。

と言ってもそのストーリー自体がスピンオフ(番外編、派生作品)でしかなく我々キャスト(出演者)は手探りで元ネタを想像できはするものの、結局は直感で感じるしかない。

元ネタの大ヒットにより作られたスピンオフだが、Season 2 がそろそろ出てくるタイミングかも。キャスト(出演者)も活躍の場が増える?


9417
ドクダミが出ません。アザミがよく出ます。
アザミの花言葉。独立、報復、触れないで。

本日、近所に住む姪っ子が上京しました。
三鷹で一人暮らし開始。結局、第一志望の国立大は不合格。

昨日、この結果でよかったと10年後か20年後にわかるよと
姪っ子に言ったのですが、もっと早くわかるかも。

私のびっくりポンの展開は進行中。
最近、明るく、ボンヤリ、どうでもいいやという気持ちが強いです。

なるようになる。安心して何でも受け入れ、楽しみ、喜びを見出す。
私がやるたいことは、もちろんやりますけど。

上京した姪っ子に月に何度か絵てがみを出す。
昨日、そのことも姪っ子に話しました。楽しみ増えました。

9419
他人のブログのコメント欄を使って持論展開しててもしょーがないか。

さてと、記事更新をお待ちしますね。

9420
素敵な光奈さん
光奈さん。
去年の夏に光奈さんのブログにたどり着き、不思議な気持ちになりました。それ以来、ずっと光奈さんに恋焦がれるような想いが募ります。
光奈さんが想い描かれるものは、わたしの内の何かに深く刺さり、言葉では伝えることができません。
どうぞ光奈さんの愛にまた触れさせてください。
怪しいものではありません。笑
ずっと待っています。


9421
光奈さん、みなさん、こんにちは。
拍手でドクダミ出ました。堂々とコメントします。

今日は姪っ子の大学入学式。スーツ姿の写真が届きました。
姪っ子が上京したことが嬉しくもあり、淋しくもあり。

今夜は姪っ子の住まいに父母が泊まるようです。
諸事情により、もう一人の姪っ子は我が家にお泊りです。
近所に実家がある妹は大助かり。色々協力ができる母や私も幸せです。

最近、願っていたことが、どんどん叶っています。
来年に予定されていた絵てがみ部屋のリフォーム、今年になりそうです。
母に費用を出してもらいます。

光奈さん、素敵なブログありがとうございました。

それでは、みなさんお元気で! 人生を大いに楽しみましょう。

9422
今日は息子さんの入学式ですね。
全然関係ないですが、ルパート・スパイラの動画を一つ貼ってみます。

私はアドヴァイタの本や動画はほとんど見ない(というか知らない)のですが、ルパート・スパイラは結構好きです。
内容もさる事ながら、短いのがいいですね。
アドヴァイタ関連の1時間2時間といった動画は3~5分の時点で見るのをやめてしまいます・・・。

http://nonduality.jp/%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%A9%E8%AC%9B%E8%A9%B1/

コメントの記入
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィル

Koudai Mitsuna

Author:Koudai Mitsuna
 
光奈 広大(みつな・こうだい)

 20年のあまりのサラリーマン生活を経て、いわゆる「ザ・マネーゲーム」を何とか卒業。今では束縛されない自由な日々を存分に味わっています!

 そうした中で心がけているのは、普通の日常的な行いを通じて、意識の進化を目指す「カルマ・ヨガ」。

 日々の喜びや学び、インスピレーションから得たスピリチュアルな気付きなどをブログで紹介しています。

 妻子と都内在住――。

最近の記事
ツイッター

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。